FW望月選手奮闘も、引き分けという結果に 関学大サッカー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学体育会サッカー部は6月11日に第46回総合関関戦の試合を実施した。結果は3対3の引き分けだった。

 前半8分、FWの望月想空選手(商学部4年)がDF山本楓大選手(商学部1年)のアシストで先制点を決めた。前半35分にも、望月選手はDF村上景司選手(商学部3年)のアシストから押し込み追加点を決め、前半は2対1で終了した。

 後半4分、関西大が怒涛の追い上げを見せた。関学大は13分までに2点を奪われ関西大に逆転を許した。その後、関学大はなかなか攻めることができず試合が硬直する中、38分に望月選手が1点を取り戻し、試合終了。3対3の引き分けに終わった。

 試合全体を通して、濃野公人選手(法学部4年)は1年の山本選手が初めてスタメンに起用されるなど、後進の選手たちが育っていることを踏まえ、キャプテンが積極的に声掛けを行い、チーム全体を明るく盛り上げることを今後の方針とした。

 試合で3度のゴールを決めた望月選手は「チームを勝たせたかった」と悔しがる様子を見せた。前半で2点を獲得できたものの、後半は攻めきれず「最後まで攻めたかった」と試合内容を振り返った。

 今シーズンの目標は「日本一」と強く強調した望月選手。6月開催の関西学生サッカー選手権大会に向けて「自分が全国に導きたい」と決意を固めた。(岡﨑亮太)

前半3分、FW望月想空の得点に喜ぶチーム一同=6月11日、大阪府大阪市ヤンマースタジアム長居、川田恵里花撮影
シュートを仕掛けようとするMF高木大輝=6月11日、大阪府大阪市ヤンマースタジアム長居、川田恵里花撮影
試合後、出場選手のチームでの写真=6月11日、大阪府大阪市ヤンマースタジアム長居、川田恵里花撮影

岡﨑亮太

投稿者プロフィール

経済学部3年。趣味はジオラマ作成と買い物、いろいろな方と関われる環境で、日々活動している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る