(マスターピース)『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』 小竹貴子〈著〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 ■「自分のおいしい見つけて」

 著者の小竹貴子さん(48)は、関西学院大学社会学部OG。クックパッドの初期メンバーとして設立に携わり、現在もクックパッド社で勤務している。

 本書では「調味料はぜんぶ大さじ1」や、料理がおしゃれになる食材の組み合わせ方など、簡単に料理を楽しめる工夫が多く紹介されている。

 小竹さんは「料理教室に来たような楽しい気分で読める工夫をした。レシピも初心者が見た瞬間に味が分かるものにしている」と語った。

 小竹さんは、レシピが無くても料理できる教科書のようなものを作りたい、という思いから本書を出版した。「一つの料理の形を覚えて自分のおいしいを見つけてほしい」と話す。

 出版後、特に男性や学生からの反響が多かった。「レシピが無いと作れないと思っていたが、覚えると自分の味が簡単に作れた」といった声が寄せられた。全68品の料理を作り、ツイッター上で公開している読者もおり、日に日に料理が上達する様子に感動したそうだ。

 「料理ができることは、これから男女両者にとって生きる上での大事なスキルになるし、家での娯楽にもなる」と小竹さん。学生に対しては「神戸、西宮は食材も豊富なので、料理を楽しんでほしい」と呼び掛けた。 (林 昂汰)

『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-11-6

    文化総部速記研究部 団体2位-全国学生新人速記大会

     読み上げられる文章を速記文字にして書き取る「全国学生新人速記大会」が10月27日、早稲田大早稲田…
  2. 2019-4-1

    (K.G.People)何者でもない大学生がゼロから起業 岡村朋弥さん

     今の時代を代表する実業家である、マイクロソフトのビル・ゲイツやソフトバンクの孫正義は、学生時代に…
  3. 2020-2-21

    関西学院交響楽団 定期演奏会 世界的指揮者 佐渡裕さん招く

     関西学院交響楽団の定期演奏会が2月8日、神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区)で行われた。世…

アーカイブ

ページ上部へ戻る