書道パフォーマンス ハワイでも—文化総部書道部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 チームで音楽に合わせて巨大な紙に書道をする書道パフォーマンスを今年、文化総部書道部が始めた。初舞台は3月に米ハワイで行われたホノルルフェスティバル。以降、学内を中心に活動の場を広げている。

 「高校では書道パフォーマンスをしていて、大学でもやりたいと考えていた」と部長の荒木美咲桃(みさと)さん(国・3)。昨年11月に旅行会社のJTBからホノルルフェスティバルでパフォーマンスの提案を受け、初舞台が決定した。神戸三田キャンパスで活動するフラダンスサークル「マハロ」とコラボし、フラダンスの音楽に合わせた書道パフォーマンスと書道体験のブースを出した。「初めは人数が集まらず諦めかけたが、やりたいと言ってくれた部員のおかげで頑張れた。マハロさんとも協力し、なんとか出場することができて嬉しかった」と振り返った。

 出演するイベントのコンセプトに合わせて書く文字を相談し、全体の構成も部員が行っている。「書道は堅いイメージがあると思うが、書道パフォーマンスを通じて払拭できれば」と荒木さん。今年の新月祭でK.G.AWARD’19にも出場し、優勝したことについては「書道パフォーマンスを初めて1年の成果が出て嬉しい」と話した。

 同部は今後もパフォーマンスを行う。次は来年1月4日に阪急西宮ガーデンズで開催される「ガーデンズコネクト新春書初めパフォーマンス」で書道パフォーマンスを披露する。本館1階フェステイバルガーデンで、午前11時から。

新月祭の「K.G.AWARD’19」で書道パフォーマンスを披露し、優勝した=11月3日、西宮上ケ原キャンパス
国際学部の木本ゼミの学生でつくる「日本酒振興プロジェクト」が主催したイベントでも書道パフォーマンスを披露した=11日、西宮上ケ原キャンパスの関西学院会館

難波千聖

投稿者プロフィール

 兵庫県加西市出身、文学部文化歴史学科哲学倫理学専修。最近の関心はジェラール・ジュネットの物語論。新聞総部では新月祭の取材を精力的に行うほか、部活動の活動の様子を取材するなど、主にニュース記事で活躍している。また、同窓会担当として多くの人に関西学院大学新聞を読んでもらえるよう、日々試行錯誤を重ねる。趣味は一人カラオケだが、最近は学業とアルバイトに忙しく、なかなか行けていないのが悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る