新聞総部の活動

学生に読まれる新聞を目指して

 私たち関西学院大学新聞総部は、その前身も含めて1922年から続く、歴史と伝統ある学生連盟加盟団体です。
 活動として年6回、関西学院大学新聞を発行しています。紙面の企画から、取材、記事の執筆、レイアウトに至るまで、すべて部員たちで行います。
 また、2019年からは年6回の新聞発行に加えて「かわら版」を発行いたします。関西学院の新鮮な情報をいち早く皆さまにお届けできるようになります。

神戸新聞社との連携事業

 新聞総部の部員は、毎月神戸新聞社の本社で行われる、「学生編集会議」に出席します。そこでは、神戸新聞社編集局の方から指導を受けながら記事を執筆します。現役の記者から実戦的な指導を受けられ、その記事は神戸新聞の夕刊に掲載されます。普段の関西学院大学新聞以上に、学外の方にも広く読まれる記事を書く機会でもあり、そこで得た糧は関西学院大学新聞の記事執筆にも生かされています。

関西学院同窓会

 関西学院同窓会さまよりご依頼いただき、関西学院同窓会facebookに記事を寄稿しております。
 関西学院を巣立たれた同窓生のみなさまに、キャンパスの最新情報をお届けしております。関西学院同窓会facebookをフォローの上、是非ご覧ください。

活動スナップ

ピックアップ記事

  1.  5月9日はEU(欧州連合)設立のきっかけとなった、シューマン宣言が発表された日である。この通称ヨ…
  2.  本学では、喫煙者と非喫煙者が共存する「分煙」の方針をとっている。しかし、昨今の状況を見ると、本当…
  3.  捨てたってごみは消えない。その行為によって、ごみを視界から排除しているだけだ。  近年、世…
  4.  本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
  5.  今年度、新聞総部の記者がドイツに留学しています。今回からシリーズで記者が感じた生のドイツ情報をお…
  6.  本学図書館には数多くの貴重な図書や資料が保管されている。普段は学生の目に触れない場所で管理されて…
  7.  6月10日から14日まで、本学G号館ラウンジとフジタグローバルラウンジにて、留学生ウィークが催さ…
  8. 年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。ひとつは自分を助ける手。そして、もうひとつは他…

アーカイブ

ページ上部へ戻る