関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部・大人数で、関西学院グリークラブと混声合唱団エゴラドが金賞を受賞した。グリークラブは12回連続で関西代表としての全国大会出場となり、平見佳久部長(教育学部4年)は「うれしさよりも安心が大きい」と心境を語った。6年ぶりの金賞となったエゴラドの守屋太郎部長(文学部4年)は「コロナ禍で金を取れたのはでかい」と笑顔を見せた。

 「全国に行けないとOBに顔向けできないし、自分たちのメンツが立たない。とても大きなプレッシャーがあった」

 グリークラブの平見部長は受賞が決まった後、例年のような余裕はなかったと話した。「他団体の仕上がり具合が分からない状況で大会に臨んだ。10年以上続く全国出場を、自分たちの代で止めたくなかった」と大会前の心境を振り返る。関西合唱連盟のホームページで結果が発表された時の様子を「3、4年生は安堵(あんど)に、1、2年生はうれしさに包まれていた」と話した。

 「前回金賞を取った人たちがいない中、今いるメンバーで最高のものを作りたかった」

 本来エゴラドでは3年生が部長を務めるが、今年は4年生の守屋部長が担当している。守屋部長は「学生だけで部を運営することは難しいが、強みでもある。意識したのは、頑張りたい人が頑張れる環境を整えることだった」と振り返った。コロナ禍で他大学の合唱部が廃部している例を挙げて「金賞を取れたことはもちろん、今活動できていることが誇らしい」と思いを語る。

 コロナの影響で活動に制限がある中、グリークラブとエゴラドは協力して大会に備えていた。大学への申請の提出方法や、どこに練習できる場所があるかなどの情報交換を通じて、互いに励ましあったという。「一つの大学から大人数での出場が二つもできた。グリーと一緒に金賞が取れてうれしい」と守屋部長。

 グリークラブが出場する全日本合唱コンクール全国大会は、11月20日に岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で開催される。(西村遼)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る