大学祭総部発足 新総部長「より良い新月祭を目指す」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学学生連盟の代議員総会が27日、西宮上ケ原キャンパスであり、大学祭準備委員会は大学祭総部に改名した。

 改名は組織改革の一環。昨年4月同委員会規約も改正され、大学祭開催のための要件が変わった。例年4月に行われる署名活動はなくなる。

 同総部は2月1日に発足し、初代総部長には石原嵩馬(しゅうま)さん(経・3)が就任する。石原さんは「今までの良いところは引き継いで、見直すべきところは見直してより良い新月祭を目指す」とした。

 新たに総部を称する課外活動団体が出来るのは総部放送局が1961年に発足して以来59年ぶりとなった。

C.N

C.N同窓会担当

投稿者プロフィール

 兵庫県加西市出身、文学部文化歴史学科哲学倫理学専修2回生。最近の関心はジェラール・ジュネットの物語論。新聞総部では新月祭の取材を精力的に行うほか、部活動の活動の様子を取材するなど、主にニュース記事で活躍している。また、同窓会担当として多くの人に関西学院大学新聞を読んでもらえるよう、日々試行錯誤を重ねる。趣味は一人カラオケだが、最近は学業とアルバイトに忙しく、なかなか行けていないのが悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-1

    マナーを守って美しく ~学内喫煙所問題~

     本学では、喫煙者と非喫煙者が共存する「分煙」の方針をとっている。しかし、昨今の状況を見ると、本当…
  2. 2019-11-15

    関西学院グリークラブ130周年 国境を越え、歌い継ぐ歌を披露

     9年間連続で全国大会金賞を受賞し続けている関西学院グリークラブが、120周年を記念して演奏会を行…
  3. 2019-7-19

    視覚障害者へのサポートを学ぶ 東京丸の内キャンパス

     来年にパラリンピック東京大会を控えるなか、本学東京丸の内キャンパスで「パラスポーツボランティア養…

アーカイブ

ページ上部へ戻る