関学、2年連続甲子園ボウルを制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの大学日本一を決める第74回甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)は15日、阪神甲子園球場であり、西日本代表の関学大が初優勝を狙った東日本代表早大を38—28で下し、2年連続の優勝を果たした。

 第1クオーター(Q)に関学大はキッカー安藤のフィールドゴール(FG)で先制するも、その後は早大と一進一退の攻防が続いた。

 関学大は27—28とリードを許して迎えた第4Q、RB前田公のタッチダウン(TD)で逆転すると、FGでも追加点を挙げ、10点差で決戦を制した。

 関学大は来年1月3日に東京ドームで行われる日本選手権「ライスボウル」で、16日のジャパンエックスボウルで勝った社会人王者と対戦する。

関学のRB・斎藤陸(右)=15日、阪神甲子園球場
パスを出す関学のQB奥野耕世(右)=15日、阪神甲子園球場

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-7-10

    学びの場にテントが出現 神戸三田キャンパス

     神戸三田キャンパスアカデミックコモンズに学生らが5月下旬、テントを設置した。多くの学生が学習や休…
  2. 2020-1-18

    「お兄さんお姉さんありがとう」児童が教育学部生に感謝の会

     本学教育学部の有志による西宮市立上ケ原小学校児童への登校時見守りボランティアに対して、児童による…
  3. 2020-10-24

    劇的な同点ゴールで引き分け、5戦負けなし 関学サッカー部

     関西学生サッカーリーグ1部リーグは24日、後期第7節が堺市のJ―GREEN堺であり、関西学院大はび…

アーカイブ

ページ上部へ戻る