関学、2年連続甲子園ボウルを制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの大学日本一を決める第74回甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)は15日、阪神甲子園球場であり、西日本代表の関学大が初優勝を狙った東日本代表早大を38—28で下し、2年連続の優勝を果たした。

 第1クオーター(Q)に関学大はキッカー安藤のフィールドゴール(FG)で先制するも、その後は早大と一進一退の攻防が続いた。

 関学大は27—28とリードを許して迎えた第4Q、RB前田公のタッチダウン(TD)で逆転すると、FGでも追加点を挙げ、10点差で決戦を制した。

 関学大は来年1月3日に東京ドームで行われる日本選手権「ライスボウル」で、16日のジャパンエックスボウルで勝った社会人王者と対戦する。

関学のRB・斎藤陸(右)=15日、阪神甲子園球場
パスを出す関学のQB奥野耕世(右)=15日、阪神甲子園球場

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る