関西学院大学新聞について

 「関西学院大学新聞」は関西学院大学の公認団体である関西学院大学新聞総部が発行する学生新聞です。前身も含めて1922年より新聞を発行しており、長年の歴史に裏付けられた、信頼できる大学メディアとして、学内外に新聞を発行しています。

 関西学院大学新聞は年に6回、8千部から1万部程度発行しており、号外紙面「かわら版」やウェブ版記事と併せて早く正確に学内外のニュースを提供しています。紙面の企画から、取材、記事の執筆、レイアウトに至るまで、すべて学生の部員で行なっております。

 2019年6月には都庁で東京都知事のインタビューを行うなど、取材範囲は学内にとどまらず、学生の目線から社会の出来事を切り取ることには定評があります。

 定期購読、広告掲載もご案内しておりますので、ぜひご検討ください。

お問い合わせ

紙面のご意見・ご感想

ニュース・写真提供

ピックアップ記事

  1.  今年度、新聞総部の記者がドイツに留学しています。今回からシリーズで記者が感じた生のドイツ情報をお…
  2.  チームで音楽に合わせて巨大な紙に書道をする書道パフォーマンスを今年、文化総部書道部が始めた。初舞…
  3.  今の時代を代表する実業家である、マイクロソフトのビル・ゲイツやソフトバンクの孫正義は、学生時代に…
  4. 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスや、キャンパスそばの学園花通りで桜が満開を迎えている。正門前で桜とキ…
  5.  関西学院同窓会は6月、首都圏の拠点となる「銀座オフィス」を東京都中央区銀座三丁目に開設した。会議…
  6. 関西学院大学法学部学生自治会では今年度、27人の1年生が入部した。3月時点での新入部員は1人で、活動…
  7.  関学大アメリカンフットボール部は7日、再開予定だった日本大との定期戦を中止すると発表した。新型コ…
  8. 関西学院大学は22日、新2年生の入学式を来月3日に西宮上ケ原キャンパスで執り行うと発表した。同大学は…
ページ上部へ戻る