関西学院大学新聞について

 「関西学院大学新聞」は関西学院大学の公認団体である関西学院大学新聞総部が発行する学生新聞です。前身も含めて1922年より新聞を発行しており、長年の歴史に裏付けられた、信頼できる大学メディアとして、学内外に新聞を発行しています。

 関西学院大学新聞は年に6回、8千部から1万部程度発行しており、号外紙面「かわら版」やウェブ版記事と併せて早く正確に学内外のニュースを提供しています。紙面の企画から、取材、記事の執筆、レイアウトに至るまで、すべて学生の部員で行なっております。

 2019年6月には都庁で東京都知事のインタビューを行うなど、取材範囲は学内にとどまらず、学生の目線から社会の出来事を切り取ることには定評があります。

 定期購読、広告掲載もご案内しておりますので、ぜひご検討ください。

お問い合わせ

紙面のご意見・ご感想

ニュース・写真提供

ピックアップ記事

  1.  音楽礼拝イベントの「関西学院クリスマス」が17日、大阪市北区のザ・シンフォニーホールで開催された…
  2.  関西学生サッカーリーグは13日、延期となっていた後期第3節が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、…
  3.  関西学院大学体育会アメリカンフットボール部は3日に東京ドームである日本選手権「ライスボウル」で、日…
  4.  学びの原点は読書だった。「分かるものを読むのは読書ではなく、分からないものを読むのが読書だ」。大学…
  5.  本学では、喫煙者と非喫煙者が共存する「分煙」の方針をとっている。しかし、昨今の状況を見ると、本当…
  6.  関西学生サッカーリーグは14日、後期第10節がサンガスタジアム(京都府亀岡市)であり、関西学院大は…
  7.  学生と社会人の実力差が問題になっているアメリカンフットボール日本選手権(ライスボウル)について、…
  8.  この世界は「夫婦」や「恋人」といった枠からこぼれ落ちた、他人から認められない関係性であふれている…

アーカイブ

ページ上部へ戻る