関西学院大学新聞について

 「関西学院大学新聞」は関西学院大学の公認団体である関西学院大学新聞総部が発行する学生新聞です。前身も含めて1922年より新聞を発行しており、長年の歴史に裏付けられた、信頼できる大学メディアとして、学内外に新聞を発行しています。

 関西学院大学新聞は年に6回、8千部から1万部程度発行しており、号外紙面「かわら版」やウェブ版記事と併せて早く正確に学内外のニュースを提供しています。紙面の企画から、取材、記事の執筆、レイアウトに至るまで、すべて学生の部員で行なっております。

 2019年6月には都庁で東京都知事のインタビューを行うなど、取材範囲は学内にとどまらず、学生の目線から社会の出来事を切り取ることには定評があります。

 定期購読広告掲載もご案内しておりますので、ぜひご検討ください。

お問い合わせ

紙面のご意見・ご感想

ニュース・写真提供

ピックアップ記事

  1.  本学国際学部の木本圭一教授のゼミ生でつくる「日本酒振興プロジェクト」は11日、関西学院会館で留学…
  2.  新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった関西学院大学の学園祭「新月祭」の第1弾が24日…
  3.  関西学生賞典総合馬術大会は5日、兵庫県三木市の三木ホースランドパークで開幕した。午前は、人馬一体…
  4.  「大学でサッカーをする意味を、嫌と言うほど自分自身に問いかけた」。高校まで、ガンバ大阪の下部組織に…
  5.  神戸三田キャンパスの学生らが5月5日、オンラインで裏紙メモパッド作りのワークショップを開催した。…
  6. 「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。…
  7.  来年にパラリンピック東京大会を控えるなか、本学東京丸の内キャンパスで「パラスポーツボランティア養…
  8.  同性婚の法制化について理解を深めてもらう講演会が8日、オンラインであった。法制化を求めている同性カ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る