西宮上ケ原キャンパスで桜が開花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで20日、桜が咲き始めた。桜は、時計台そばの他に、文学部校舎やランバス記念礼拝堂の近くでも咲き始めている。(林昂汰)

時計台そばで開花した桜=2021年3月20日午後、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-27

    大学祭総部発足 新総部長「より良い新月祭を目指す」

     関西学院大学学生連盟の代議員総会が27日、西宮上ケ原キャンパスであり、大学祭準備委員会は大学祭総…
  2. 2020-1-8

    鳥内監督引退会見 学生の主体性を強調「お前ら勝手にやってくれ作戦や」

     今季限りで退任する体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(61)が8日、本学西宮上ケ原キャ…
  3. 2020-11-3

    前半の3失点響き、リーグ戦初黒星 関学サッカー部

     関西学生サッカーリーグは10月31日、後期第8節が堺市のJ―GREEN堺であり、関西学院大学は桃山…

アーカイブ

ページ上部へ戻る