1年ぶりの関関対決は関学が制する 関学・石丸、圧巻の20K完封 関西学生野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生野球秋季リーグ戦は23日、阪神甲子園球場で第7節1回戦があり、関西学院大は2—0で関西大を下した。約1年ぶりの関関対決は、関学大の先勝となった。

 初回に5番高波の右前適時打で関学大が先制。守りは先発の石丸が初回から三振の山を築き、関西大の攻撃を寄せ付けなかった。六回には1死満塁のピンチを背負うが、粘り強い投球をみせ、2者連続三振で切り抜ける。

 援護したい関学大打線は八回2死二塁の得点機に、3番大谷の適時打で追加点。初回から圧巻の投球を続けた石丸は、2点のリードを守り抜き、3安打完封勝利となった。

 自己最多となる20奪三振と好投した石丸は「もともと三振を多くとるタイプの投手ではないので、特に意識はしなかった」とし「結果としてチームの勝利に貢献できてよかった」と、前節から続く連勝に顔をほころばせた。

 新型コロナウイルスの影響で、春季リーグや総合関関戦が中止になり、今年度は顔合わせがなかった。互いに感染症防止のための活動自粛期間を乗り越え、ついに秋季リーグで対決が実現した。 (木村航太)

20個の三振を奪い、圧巻の投球を見せた関学大・石丸 =24日、阪神甲子園球場

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-9

    定期演奏会で震災の記憶を伝える展示を企画 関西学院交響楽団

     関西学院交響楽団の2月8日の定期演奏会の副題は「阪神・淡路大震災25周年メモリアル」。震災からの…
  2. 2020-10-16

    (タイムスリップ)お笑い芸人・佐野寛さん 内定を断り、厳しい世界に挑戦

    「売れるのはたった一握り」。連日テレビ番組や舞台で活躍できる芸人はほんのわずかである。それでも厳しい…
  3. 2020-10-17

    (K.G.People)体育会サッカー部 杉山天真主将 大学でスポーツを極める意味

     「大学でサッカーをする意味を、嫌と言うほど自分自身に問いかけた」。高校まで、ガンバ大阪の下部組織に…

アーカイブ

ページ上部へ戻る