1年ぶりの関関対決は関学が制する 関学・石丸、圧巻の20K完封 関西学生野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生野球秋季リーグ戦は23日、阪神甲子園球場で第7節1回戦があり、関西学院大は2—0で関西大を下した。約1年ぶりの関関対決は、関学大の先勝となった。

 初回に5番高波の右前適時打で関学大が先制。守りは先発の石丸が初回から三振の山を築き、関西大の攻撃を寄せ付けなかった。六回には1死満塁のピンチを背負うが、粘り強い投球をみせ、2者連続三振で切り抜ける。

 援護したい関学大打線は八回2死二塁の得点機に、3番大谷の適時打で追加点。初回から圧巻の投球を続けた石丸は、2点のリードを守り抜き、3安打完封勝利となった。

 自己最多となる20奪三振と好投した石丸は「もともと三振を多くとるタイプの投手ではないので、特に意識はしなかった」とし「結果としてチームの勝利に貢献できてよかった」と、前節から続く連勝に顔をほころばせた。

 新型コロナウイルスの影響で、春季リーグや総合関関戦が中止になり、今年度は顔合わせがなかった。互いに感染症防止のための活動自粛期間を乗り越え、ついに秋季リーグで対決が実現した。 (木村航太)

20個の三振を奪い、圧巻の投球を見せた関学大・石丸 =24日、阪神甲子園球場

木村航太総部長

投稿者プロフィール

大阪府岸和田市出身、文学部英米文学英語学専修3回生。高校時代は野球部に所属していた。大学入学後は心機一転し新聞総部に入部。部内では記者として活動する傍ら、総部長として、部運営のため「広告営業」や「新聞の定期購読者獲得」をめざし東奔西走中。趣味はスポーツ観戦とゴルフ。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-11-30

    関学サッカー、甲南大に敗れる 全国出場へ崖っぷち

     関西学生サッカーリーグは29日、延期となっていた後期第5節が堺市のJ—GREEN堺であり、関西学院…
  2. 2019-7-19

    関西学院同窓会が銀座にオフィス開設

     関西学院同窓会は6月、首都圏の拠点となる「銀座オフィス」を東京都中央区銀座三丁目に開設した。会議…
  3. 2021-1-3

    ライスボウルで84ヤード独走の関学大・三宅 鳥内前監督も高評価

     昨年のライスボウルで富士通から64ヤードのTDランを見せたRB三宅昂輝(4年)は今年も東京ドームで…

アーカイブ

ページ上部へ戻る