関学サッカー、大院大に勝利 関西学生リーグ3連勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは21日、第5節が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、関西学院大学は大阪学院大学に2-0で勝利した。「ゴール前の力の差が勝利につながった」と試合後にキャプテンのDF山本祐也が話したように、前半から関学大がチャンスをものにし、リーグ戦3連勝となった。

 前半11分、自陣でボールを取られるとゴール前まで攻められたが、DF廣瀬龍弥が相手のシュートを止めた。先制点は前半43分。MF濃野公人のパスから、FW山田剛綺がシュートを決め、前半を1-0で折り返した。

 後半に入っても、関学大は流れをものにした。後半18分、相手にゴール前まで迫られ、強烈なシュートを放たれたが、GK藤澤周弥が体を張って食い止めた。すると後半19分、関学大は相手のゴール前に一気に迫り、FW木村勇大が相手キーパーの横に抜けるシュートで追加点。その後攻め込まれる場面もあったが、失点を防ぎ、そのまま勝利した。

 追加点を決めた木村は「無失点の試合はここ数試合無かったので、それができて良かった。勝つことができてうれしい」と喜びをにじませた。その上で「まだ点を取れるチャンスはあった。チームを助けるために複数点にこだわりたい」と意気込んだ。関関戦となる次節の関西大学戦について山本は「関大は強い。実力も拮抗(きっこう)しているので、当日の実力が本当に勝負になる。チームにとっても関関戦は特別なものなので絶対に勝ちたい」と語った。(松本亘平)

先制点を決め、仲間と抱き合うFW山田剛綺(右)=2022年5月21日、大阪府吹田市の万博記念競技場、森孝裕撮影
試合に勝利し、喜びを分かち合う選手=2022年5月21日、大阪府吹田市の万博記念競技場、森孝裕撮影
試合前の集合写真=2022年5月21日、大阪府吹田市の万博記念競技場、森孝裕撮影

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る