【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 本山遥 対人守備、安定感ある戦いを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 高い守備力で対戦相手を抑え込む本山。去年の前期リーグ戦の立命館大戦が記憶に新しい。前半に退場者を出した関学だが、前半の先制点を10人で守り抜き、1—0で勝利。試合で本山は、立命館大に所属しながらJ1でもプレーする藤井智也と相対した。相手のスピード溢れるドリブルにも懸命に対応し、無失点に抑えた。「J1でもプレーする選手に通用したことが、自信に繋がった」と振り返った。

 取材に真摯な態度で応じた本山。物事に対して真面目に取り組む姿勢は、中学時代の監督から教わったものだという。「一つ一つのプレーや勝負にこだわること、ピッチ外でも真面目に取り組むことなど、自分の土台となるプレースタイルや人間性を形作ってもらった」と話した。

 強固なディフェンスを作り上げ、関西学生リーグ優勝、その先のインカレ優勝へ挑む。「去年は格下の相手に勝ち点を落とすことがあった。1点取れば勝ち切れるチームが理想。安定感のある戦いができるチームになっていきたい」と熱く語った。  (林 昂汰)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-26

    鳥内前監督がトークショー 軽快なトークで会場沸かす

     関西学院大体育会アメリカンフットボール部の監督を今季で勇退した鳥内秀晃前監督(61)の著書「ど…
  2. 2020-9-10

    (タイムスリップ)朝日放送・小縣裕介アナウンサー 「バランスを大切に」

    「つないだ、つないだ!日本文理の夏はまだ終わらない!」2009年夏の高校野球決勝戦。テレビ中継では朝…
  3. 2021-1-3

    アメフト・ライスボウル 関学大は後半失速、オービックに敗れる

     アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルは3日、東京ドームであり、関西学院大(学生代表)は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る