第10回関学レインボーウィーク 関学の多様性尊重の実現に向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は5月16日から20日にかけて、関学レインボーウィークを開催した。LGBTQ+を含むセクシュアリティーの多様性尊重の啓発を目的に2013年に始まり、今年で10回目。

 1年目から関学レインボーウィークに携わる武田丈教授(58)は、LGBTQ+の人がどんな思いでキャンパスにいるかを知り、学生に身近な問題として認識してほしいと思い、関学レインボーウィークを始めた。武田教授は「当事者なしにはできない活動だ」と話す。

 5年前はLGBTQ+に対する理解不足で、LGBTQ+当事者の学生とアライ(LGBTQ+の理解者)の学生間に温度差や感覚のずれがあった。武田教授は「一時的なイベントではなく、レインボーウィーク期間外も多様性尊重の啓発活動を行うことで一体感が高まってきた」と語った。関学レインボーウィークに携わるアライの学生は増加傾向にあるという。

 今年のオープニングイベントでは、関西学院大学の村田治学長が登壇した。大学全体で多様性の啓発を推進していることを、学生や社会にアピールできたのではないかと目を細めた。

 今回の関学レインボーウィークのコンセプトは「十人十色」。人の数だけセクシュアリティーの表現があるという意味が込められている。

 今後は、セクシュアリティーだけでなく障害者や国籍の多様性に対する理解を進める必要があると考えているという武田教授。セクシュアリティーの多様性の認識について「LGBTQ+に偏見はないと思っていても、ふとした発言でLGBTQ+の人を傷つけることがあると意識してほしい」と強調した。(上田帆乃佳)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る