学生が三田市議選の投票啓発 「10代の投票率を80%に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 有志の学生らは、三田市に住む若者に10月4日投開票の兵庫県三田市議選の投票を促す取り組み「VOTE FOR SANDA(ボート・フォー・サンダ)」をしている。関西学院大からは4人が参加した。「10代の投票率を80%にする」を目標に、パンフレットやインターネットで、若者が政治に関心を持てるよう情報を発信している。

 パンフレットでは選挙の概要や三田市議の仕事、投票の方法などの情報を掲載している。若者の人口の少なさや、前回の投票率の低さなどを視覚的に示し、若者向けの政策が通りにくい現状を伝えている。パンフレットは市内の高校で配布し、飲食店などにも置いてもらった。

 若者に投票を促すために、インスタグラムでも選挙情報を発信している。候補者情報の掲載に力を入れた。神戸新聞社と協力し、候補者から最も力を入れる政策内容と若者へのコメントを集めた。中立的な観点と分かりやすさを意識し、若者が投票したい候補者を選ぶ参考になることを目指した。

 中心的に活動する、神戸市外国語大学3年で三田市在住の米田由実さんは「思っている以上に選挙は簡単で、政治は身近だ。自分の感じたことを投票するという行動に移してほしい」と呼びかけた。関西学院大学から参加した本学総合政策学部4年の中嶋舞花さんは「選挙を自分の生きたい未来を作るための一つの手段にしてほしい」と思いを語った。

 同プロジェクトのインスタグラム:@votefor_sanda。(川本暖乃)

VOTE FOR SANDA(ボート・フォー・サンダ) に参加する関西学院大学の学生。手にしているのは作成したポスター

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-13

    新月祭2019大盛況

     新月祭2019が、10月19日と20日に神戸三田キャンパスで、11月1日から3日に西宮上ケ原キャ…
  2. 2020-1-8

    ライスボウルの実力差に疑問 アメフト部が要望書を提出へ

     関学大体育会アメリカンフットボール部は、社会人と学生の実力差が顕著になっている日本選手権(ライス…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る