千刈オンラインサマーキャンプ 家でキャンプ体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学宗教総部千刈リーダーズクラブは先月28日、オンライン会議システム「Zoom」で、オンラインサマーキャンプ2021を開催した。小学生を対象に、焼きリンゴ&オンラインキャンプファイアや木の家作りなど、六つのプログラムがあった。当日は子供たちの生き生きと活動する姿が見られた。

 焼きリンゴ&オンラインキャンプファイアでは、同部員の指示の下、焼きリンゴを製作。参加した小学生は「おいしい」と口々に声を上げた。オンラインキャンプファイアでは、握られた指を素早く引き抜いて遊ぶ指キャッチゲームで盛り上がった。関西学院初等部に通う江口泰生さん(9)は「六つ全てのプログラムに参加した。その中で、キャッチゲームが一番楽しかった」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルス禍以前は、三田市にある千刈キャンプで2泊3日のサマーキャンプを開催していた。今年は新型コロナの感染拡大を理由に、大学から開催の許可が下りず、オンラインで行った。

 オンラインでキャンプの味わいをどう表現するか悩み、準備は例年より難しいものとなった。木の家作りで使う資材として、千刈キャンプにあった木材や松ぼっくりを郵送。できる限りキャンプの雰囲気を感じてもらえるように工夫したという。

 オンラインサマーキャンプのチーフリーダーを務めた法学部3年の阿部瑞希さん(20)は「子供たちが大きなリアクションを取ったり、進んで話し掛けてきたりしてくれた。予想より楽しんでくれてうれしかった」と振り返った。「僕らが子供たちを楽しませるはずが、逆に僕らも楽しませてもらっていることに気付いた」と喜んだ。(大藪巨翔)

集合写真を撮る子供たちとリーダー=関西学院大学宗教総部千刈リーダーズクラブ提供

大藪巨翔

投稿者プロフィール

兵庫県神戸市出身、経済学部1回生。これまでに、サッカー部やゼミを取材。今後も、ジャンルにとらわれず、興味を持ったことを幅広く取材したいと考えている。趣味は昭和歌謡を聴くこと。当時の世相を想像しながら聴くことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る