関学大 新型コロナワクチン接種 7月初旬開始に向け検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学が学生や教職員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を、7月初旬の開始をめどに検討していることが、9日、広報室への取材で分かった。大学関係者によると、打ち手や接種会場は未定だという。

 政府は8日から、職場や大学などでワクチンを接種できる「職域接種」の申請受付を始めている。現在、大学は申請前の詰めの段階だとしている。

 大学は、早期にワクチン接種を始めることで新型コロナの感染拡大を抑え、対面授業を本格的に再開させたい考えだ。(吉永美咲)

吉永 美咲

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科3回生。これまで、留学に挑戦する関学生や新型コロナワクチンの大学拠点接種、また、大学を陰で支えている人びとについて記事を書いた。2020年度はオンラインで活動に参加。昨年度の人事でデスクとなり、細かな表現や言葉づかいなど日本語について考える毎日。趣味は合気道、伝統芸能鑑賞など。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る