関学大 新型コロナワクチン接種 7月初旬開始に向け検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学が学生や教職員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を、7月初旬の開始をめどに検討していることが、9日、広報室への取材で分かった。大学関係者によると、打ち手や接種会場は未定だという。

 政府は8日から、職場や大学などでワクチンを接種できる「職域接種」の申請受付を始めている。現在、大学は申請前の詰めの段階だとしている。

 大学は、早期にワクチン接種を始めることで新型コロナの感染拡大を抑え、対面授業を本格的に再開させたい考えだ。(吉永美咲)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-21

    阪神・淡路大震災と関学 「ボランティアはイマジネーション」 他者への想像 支援広がる

     震災の被害と学生支援 1995年1月17日午前5時46分に起きた阪神淡路大震災で、関西学院…
  2. 2023-3-10

    (マスターピース)『この世の喜びよ』 井戸川射子〈著〉

     2023年1月19日、東京の帝国ホテルにて記者会見が行われた。第168回芥川賞、直木賞受賞者の記…
  3. 2023-3-10

    「憧れ」から「かなえる」ものへ 社会学部3年 田中友梨奈さん

     幼少期から続けているエレクトーン、コンテスト前に捻挫してしまった際には割り箸で指を固定しながら演…
ページ上部へ戻る