関学サッカー部 第3戦は不戦勝 近畿大が部員大麻使用で辞退 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグ1部リーグは3日、近畿大が後期第4節の出場を辞退し、関西学院大が不戦勝した。近大は5日、会見を開きサッカー部の男子学生5人が大麻を使用していたことが分かったと発表した。部の調査で、学生が使用を認めたことから、今月1日からサッカー部は活動を停止している。今季のリーグ戦は、全試合辞退する。

 先月30日、部員から「部内で大麻を使用している者がいる」とコーチに報告があった。今月1日、ミーティングを開き、学生が使用を認めたことから、同日午後、警察へ連絡した。

 近大は調査チームを立ち上げ、大阪府警と連携し、入手経路などを調べる。学生や指導者、部への処分は今後、学内規則に則って決定するという。(林昂汰)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-3

    学生が三田市議選の投票啓発 「10代の投票率を80%に」

     有志の学生らは、三田市に住む若者に10月4日投開票の兵庫県三田市議選の投票を促す取り組み「VOTE…
  2. 2020-10-21

    大学にキッチンカー出店 食堂の密対策で

     関西学院大学西宮上ケ原キャンパスに、キッチンカーが出店している。新型コロナウイルスの感染対策で食堂…
  3. 2019-4-1

    (日進月歩)プラスチック問題 行動のその先を考えて

     捨てたってごみは消えない。その行為によって、ごみを視界から排除しているだけだ。  近年、世…

アーカイブ

ページ上部へ戻る