慶大に1-8で決勝に届かず 8年ぶりの3位決定戦へ 大学対抗王座決定戦 関学庭球部男子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 全日本大学対抗テニス王座決定試合の第4日は11日、愛媛県総合運動公園(松山市)であり、関西学院大学庭球部男子は、慶應義塾大学と対戦した。ダブルスは序盤から一進一退の攻防が続くも、あと一歩が届かず全敗。シングルスを含め1-8で敗れ、8年ぶりとなる3位決定戦に進出する。

 「選手たちには試合を楽しみながらも、チャレンジャー精神を持って準決勝に臨んでほしい」と試合前に話した関学大の内田雅人・男子部監督。ダブルスは1セット目から互いにゲームを取り合う一進一退の展開となった。

 増成拓也・増成智也ペアの相手は慶應大の1年生ペア。2022年度全日本学生テニス選手権大会の、ダブルス本戦で勝利した慶大・白藤成主将との「再戦を警戒された形となった」と監督は話す。1セット目は、僅かな差で慶大が、続く2セット目は調子を戻してストレートで関学大が勝利。勢いは続くように見えたが、終盤に慶大が巻き返し、試合を取りこぼした。

 中留諒太・其田怜ペアは1セット目を獲得し、好調な滑り出しを見せた。2セット目を4ゲーム連取。中留選手が「カモーン!」とコート全体に響き渡る雄たけびをあげ、会場を沸かせた。しかし、調子を取り戻した慶大に8ゲーム連続で奪われ、惜しくも敗れた。

 篠田玲・堤野竜司ペアもセット獲得まであと一歩に迫る勢いも届かず、敗戦。ダブルス3試合は全て敗北となった。末吉悠人主将は「0-3だったが、3-0で勝つ可能性もある内容で慶大と戦えていた。最終セットやタイブレークで落としたのは、精神的な部分。相手の方が気持ちが強かった」と振り返った。

 望みを託したシングルスも振るわず、1-8で決勝への切符を逃した。「シングルスの1、2人目は相手のレベルが違うと感じたが、後半でもう少し競れたのかな」と話し「ただ、ダブルスで勝っていれば、シングルスではどうなっていたか分からなかった」と主将はつぶやく。

 4年生にとっての引退試合となる12日、3位決定戦は関西リーグで1-8で敗北した近畿大学に挑む。関学大で唯一、1年生で出場した堤田選手は「4年生のためにも最後は勝って終わりたい」と明日に向けて活躍を誓った。(柴崎辰徳)

ダブルスで競るも勝ち取れなかった増成拓也・智也ペア=2022年10月11日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
シングルスで粘った篠田玲=2022年10月11日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
シングルス最後の試合で応援を沸かせた堤野竜司=2022年10月11日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る