タグ:神戸三田キャンパス

  • 関学大とJALが協定 来年度から共同授業を開講

     関西学院大学は10月16日、日本航空(JAL)と連携協定を結んだと発表した。総合政策学部は、JALが航空事業で培った「おもてなし」などのノウハウを学ぶ授業や、航空産業のビジネスを学ぶ授業を来年度から開講する。
  • 元ニュースキャスターの村尾信尚教授が学生とパネルトーク

     ニュース番組のメインキャスターを12年間務めた関西学院大学の村尾信尚教授(65)は10月28日、同大学神戸三田キャンパスで開催されたパネルトークに登壇した。高校に出向き、模擬講義を行う「村尾塾」をテーマに講演し、持続可能な未来を見据えた行動を呼び掛けた。新型コロナウイルス感染予防のため規模を縮小。会場で10人が参加し、オンラインでは54人の学生が視聴した。
  • 学生が三田市議選の投票啓発 「10代の投票率を80%に」

     有志の学生らは、三田市に住む若者に10月4日投開票の兵庫県三田市議選の投票を促す取り組み「VOTE FOR SANDA(ボート・フォー・サンダ)」をしている。関西学院大からは4人が参加した。「10代の投票率を80%にする」を目標に、パンフレットやインターネットで、若者が政治に関心を持てるよう情報を発信している。
  • 小学生と裏紙メモ作り オンラインで環境を考える

     神戸三田キャンパスの学生らが5月5日、オンラインで裏紙メモパッド作りのワークショップを開催した。子供の日に合わせたワークショップには幅広い学年の小学生が参加した。  参加した小学生は、5枚の裏紙やティッシュ、…
  • (タイムスリップ)漫画家・橋本ナオキさん 今に活きる大学での経験は

     ニワトリの会社員「でぶどり」とヒヨコ「ひよ」の掛け合いが人気の漫画「毎日でぶどり」。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信され、フォロワーは23万人を超える。作者で漫画家の橋本ナオキさんは、関西学院大…
  • 三田キャンパス内の計9ヶ所で 災害備蓄品を無料配布

     神戸三田キャンパス内の計9カ所で、災害備蓄更新による入れ替えで、3月11日から水とカンパン、缶詰パンが無料で配布されている。同キャンパス事務室と安全管理室、そして環境問題を扱う3つのアカデミックコモンズ・プロジェクト…
  • (K.G.People)Eco-Habitat関西学院 代表 山田えみりさん

     山田さん(総政・3)は中学生の頃から漠然とボランティアに興味があった。浪人を機に、タンザニアでストリートチルドレンと呼ばれる、経済的な理由から路上での生活を余儀無くされている子ども達に教育支援を行った。この経験により…
  • 学びの場にテントが出現 神戸三田キャンパス

     神戸三田キャンパスアカデミックコモンズに学生らが5月下旬、テントを設置した。多くの学生が学習や休憩に利用している。  キャンパス中央部に位置するアカデミックコモンズで、同キャンパスを拠点にする総合政策学部と理工…

ピックアップ記事

  1.  関西学院大学応援団総部吹奏楽部は3月27日、西宮市民会館(兵庫県西宮市)で「創部70周年記念 関…
  2.  関西学院大学広報室は3月、2023年度秋学期の卒業生に向けた特別企画「Soar toward t…
  3. Cafe Sugar Solの様子=Cafe Sugar Sol、2024年2月28日、森友紀撮影…
ページ上部へ戻る