立命館大に惜敗し、関学大は2連敗 体育会サッカー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは14日、後期第10節がサンガスタジアム(京都府亀岡市)であり、関西学院大は立命館大に1―2で敗れた。前戦に続き、2連敗となった。

 立ち上がりから激しく攻守が切り替わり、両チーム互いに譲らない展開が続いたが、前半44分に均衡が破れる。ゴール前でボールを受けた立命館大MF藤井智也に左足でシュートを決められ、先制を許した。このまま0ー1で前半を折り返した。

 後半、関学大はMF輪木豪太のドリブル突破などで反撃を試みるも、得点が奪えない。迎えた後半44分、立命館大にスローインからパスをつながれ、ゴール前に抜け出したFW延祐太にシュートを決められ、再び失点。0―2となった。

 その後、攻勢を強めた関学大は、後半アディショナルタイム2分、FW山見大登の右サイドからのクロスを、途中出場のFW木村勇大が相手ディフェンスに競り勝ち、ヘディングでゴールにねじ込んだ。木村は「混戦になるボールが上がり、(得点への)気持ちで突っ込んだ」とゴールを振り返った。一矢報いたが、このまま1―2で試合終了。2連敗となった。

 後期リーグ戦初先発となったGK馬場裕斗は試合を振り返り、「攻守両面でゴール前の甘さが出た。2失点してしまったのがすべて」と肩を落とした。

 後期リーグ戦は残り4試合。次節は首位の大阪体育大学と対戦する。 (林 昂汰)

相手に競り勝ち得点を決めたFW木村勇大=14日、京都府亀岡市のサンガスタジアム、新輪さくら撮影
正確なキックで好機を演出したMF渡邉英祐=14日、京都府亀岡市のサンガスタジアム、新輪さくら撮影

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-2-1

    日本カメラ社主催のフォトコンテストで年度賞受賞 関西学院大学写真部 天辰陽平さん

    関西学院大学文化総部写真部の天辰陽平さん(商学部1年)の写真「時空(とき)の広場」が、日本カメラ社主…
  2. 2020-7-8

    経済学部・宮丸久実さん ミス・ジャパン大阪代表に

     国内のミスコンテストの決定版として開催される「2020ミス・ジャパン」の大阪大会が4日、大阪市中…
  3. 2021-3-14

    (この学生に注目!)準硬式野球部・水渉夢投手 無敗優勝の立役者

    「1年生だから思い切り投げてこい」。先輩らの言葉が、1年生ながら初出場試合で先発を任された関西学院大…

アーカイブ

ページ上部へ戻る