社会人王者に歯が立たず アメフト部ライスボウル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」は3日、東京ドームであり、学生代表の関学大は14-38で社会人代表の富士通に敗れた。今季で勇退する鳥内秀晃監督にとって最後に指揮する試合となったが、有終の美を飾れなかった。富士通は4年連続5度目の優勝だった。

 試合を通して関学大には苦しい展開が続いた。富士通は第1クオーター(Q)、2つのTDで14点先制すると、第2QでもTDを決められ0-21に。RB三宅が64ヤードのTDランを決め7点返すも、さらにTDを許し7-28で前半を折り返した。

 7-31で迎えた第4QもTDを許すが、関学大は試合終了1分を切ってから粘りを見せた。QB奥野がWR鈴木へのTDパスを決め7点返すが反撃及ばず、24点差での敗戦となった。

 関学大を28年間率いた鳥内秀晃監督にとって最後の指揮となったが、勝利で花道を飾ることはできなかった。ミスや反則の目立つ関学大のプレーを「防げるミスだった。徹底してできていなかったのが失敗だった」とし「(指揮をとる最後の試合となったが)やり切った感はない」と振り返った。

 甲子園ボウルに続いて「主役は学生」と強調した鳥内監督は、自身の退任については多くを語らなかった。同部は8日、西宮上ケ原キャンパスで監督退任記者会見を行う予定。

第2Q、64ヤード独走してタッチダウンを決めたRB三宅昴輝=3日午後4時11分、東京ドーム
試合後、インタビューに答える鳥内秀晃監督(左)=3日午後6時17分、東京ドーム
T.M

T.M渉外部長

投稿者プロフィール

 千葉県千葉市出身、法学部法律学科2年生。新聞総部では積極的に営業活動を行い、広告収入を増やすなど大きく貢献している。取材活動にも熱心で、小池都知事への取材も行った。また、学生連盟本部でも中心的に活動しており、多忙な日々を送っている。好きなYouTuberは「ヴァンゆん」だが、恥ずかしさから周りに隠しているため、チャンネル登録はまだしていない。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-18

    手作りの引退公演 大盛況-文化総部劇研究部「劇団狸寝入」

     文化総部劇研究部「劇団狸寝入」の「3回生引退公演」が6日から8日に西宮上ケ原キャンパス旧学生会館…
  2. 2019-4-1

    (日進月歩)プラスチック問題 行動のその先を考えて

     捨てたってごみは消えない。その行為によって、ごみを視界から排除しているだけだ。  近年、世…
  3. 2020-4-21

    (障害者と防災)内閣府 青柳一郎政策統括官 「防災と福祉の連携を模索」

     内閣府で防災行政の実務を担う青柳一郎政策統括官(57)が2月3日、関西学院大学新聞のインタビュー…

アーカイブ

ページ上部へ戻る