文化総部書道部、新年に思い込めて小林一茶の句 阪急西宮ガーデンズで 作品展示は15日まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 新年を迎えた4日、阪急西宮ガーデンズ本館1階フェスティバルガーデンで「新春書き初めパフォーマンス」があり、文化総部書道部が出演した。1、2年生の部員6名が4分半で迫力ある作品を仕上げた。

 紙の大きさは縦2・5メートル、横3・5メートル。中心に太筆で「迎春」と大書きし、その左側には小林一茶の〈世の中を ゆり直すらん 日の始め〉。気持ちに区切りをつけ、新しい年が良い一年になるようにという思いが込められた。観客は1階だけでなく、2階にもあふれていた。

 昨年から書道パフォーマンスを取り入れ、活動の場を広げている文化総部書道部。SNSで活動を発信していたところ、阪急西宮ガーデンズから今回のパフォーマンスの提案を受けた。部長の水上優衣さん(法・2)は「観客の数が多く、やりがいがあった。まだまだ改善できるところはある。この経験を次回に生かしたい」と話した。

 作品は、15日まで本館2階メインエントランスに展示される。

文化総部書道部は「迎春」と大書きし小林一茶の句を添えた=4日午前、西宮市の阪急西宮ガーデンズ

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-8-31

    関学軟式野球 秋季リーグ出場断念

      関西学院大学軟式野球同好会BISONは30日、関西六大学学生軟式野球連盟の秋季リーグ出場を辞退…
  2. 2019-2-15

    (教授の背中)浜野研三 人間本来の誇りが守られる社会を目指して

    文学部の浜野教授は、哲学・倫理学を専門としている。人間について、人間の生きる社会について、自身の道徳…
  3. 2021-3-8

    (タイムスリップ)写真家・犬塚雅晴さん 目には見えない絆や愛情を写真で表現

    「一枚の写真に目には見えない絆や愛を表現する」。西宮神社近くの写真館「いぬづか写真室」(西宮市社家町…

アーカイブ

ページ上部へ戻る