文化総部書道部、新年に思い込めて小林一茶の句 阪急西宮ガーデンズで 作品展示は15日まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 新年を迎えた4日、阪急西宮ガーデンズ本館1階フェスティバルガーデンで「新春書き初めパフォーマンス」があり、文化総部書道部が出演した。1、2年生の部員6名が4分半で迫力ある作品を仕上げた。

 紙の大きさは縦2・5メートル、横3・5メートル。中心に太筆で「迎春」と大書きし、その左側には小林一茶の〈世の中を ゆり直すらん 日の始め〉。気持ちに区切りをつけ、新しい年が良い一年になるようにという思いが込められた。観客は1階だけでなく、2階にもあふれていた。

 昨年から書道パフォーマンスを取り入れ、活動の場を広げている文化総部書道部。SNSで活動を発信していたところ、阪急西宮ガーデンズから今回のパフォーマンスの提案を受けた。部長の水上優衣さん(法・2)は「観客の数が多く、やりがいがあった。まだまだ改善できるところはある。この経験を次回に生かしたい」と話した。

 作品は、15日まで本館2階メインエントランスに展示される。

文化総部書道部は「迎春」と大書きし小林一茶の句を添えた=4日午前、西宮市の阪急西宮ガーデンズ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る