小学生と裏紙メモ作り オンラインで環境を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 神戸三田キャンパスの学生らが5月5日、オンラインで裏紙メモパッド作りのワークショップを開催した。子供の日に合わせたワークショップには幅広い学年の小学生が参加した。

 参加した小学生は、5枚の裏紙やティッシュ、のりを使い、本格的なメモパッドを制作。折り紙やテープを用いて、表紙に思い思いの装飾を施し、世界に一つだけのメモパッドを作り上げた。

 参加した小学生からは「表紙のデザインを考えることが楽しかった」「うまく紙を切ることが難しかった」などの声が聞かれた。

 ワークショップでは、裏紙を活用する大切さも学ぶ。紙は木から作られるため、沢山の木を伐採すると自然破壊が起こる。一度使った紙を捨てずに裏紙として再利用することが、自然を守ることにつながるという話に、小学生は熱心に耳を傾けた。

 ワークショップを催したのは、神戸三田キャンパスの学生団体「エコステーション」。「日々の中にちょっとしたエコ活動を」という活動理念のもと、環境問題を解決するプロジェクトに取り組んでいる。裏紙を用いたメモパッド作り以外にも、不要な新聞紙やTシャツでエコバックを作るワークショップなど、様々なイベントを展開している。

 作業の進行を担当したエコステーションの山中碧生さん(総政・3)は「オンライン会議システムのズームを利用したワークショップは初めてで不安だったが、想像以上に小学生が楽しんでくれてとてもうれしかった。この裏紙メモパッド作りが、エコへの取り組みに興味を持つきっかけになればと思う」と手応えを語った。(川本暖乃)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る