安全性と利便性の両立を目指す関学のICT導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関西学院は今年の3月からSlack(スラック)、Box (ボックス)、Zoom (ズーム)、Okta (オクタ)を全学導入した。

 関西学院情報化推進機構は2027年の導入完了を目標にICT環境の整備に取り組んでいる。今回の導入もその一環だ。情報化推進機構は安全性と利便性の両立を方針として整備を進めている。

ICT環境を整備する目的は主に二つある。

一つは情報基盤の活用と安心・安全の確保だ。情報化推進機構はスラック、ズームでオンライン上の情報のやり取りを整理し、利用者が効率よく便利にコミュニケーションできることを目指している。

オンライン上で急増する情報を安全に守ることも重要だ。情報化推進機構は認証システムであるオクタとストレージシステムであるボックスを組み合わせ、うっかりによる情報漏洩を未然に防いでいる。安全を確保するため、学生が学外から学内システムへアクセスする時には2要素認証を必須にしている。

もう一つの目的はICTが介在することで、縦割りになりがちな関学の組織に横串を通すことだ。ICTによってコミュニケーションが活性化することで、学生が窓口でたらい回しにされる事態をなくしたいと考えている。

情報化推進機構は学院の名の下に集うすべての人を「ICTで」笑顔にしていきたいと考えている。

情報化推進機構ではICTサポートデスクを西宮上ケ原・神戸三田・西宮聖和・大阪梅田のキャンパスに開設している。ICTで分からない点があれば訪ねてみると良いだろう。 (田爪翔)        

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-7-12

    徒歩1分!関学生待望パン屋さん boulangerie quatre mariages

    オリジナリティ溢れたパンたち=2024年5月23日、boulangerie quatre mari…
  2. 2024-7-12

    関学大硬式野球部 甲子園を舞台に関大に連勝

    歓喜でグラウンド内に集まる関学大硬式野球部メンバー=2024年5月11日、阪神甲子園球場、石本理子…
  3. 2024-7-12

    マスターピース 「本日は、お日柄もよく」 関西学院大学文学部卒 原田マハ著

     この物語の主人公、二ノ宮こと葉は会社員として気楽で平凡な日々を送っていた。そんなある日、こと葉は…
ページ上部へ戻る