「学生さんを守ろう」 口には出さぬ、警備員の思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「学生さんを守ろうという思いはみんな持っていますよ。口には出さないですけどね」。背筋を伸ばし、笑顔で話すのは、関西学院大学に出入りして約2年になる警備員の男性(42)だ。

 関学大の警備員は、横断歩道での誘導や門衛、構内の巡回、学部棟を始めとする施設の鍵の管理といった業務を担っており、大学生活を陰で支えている。

 男性が警備の仕事に出会ったのは20歳の時。警備員のアルバイトをしていた友人に誘われたのがきっかけだった。初めは「誘導や施設の入り口に立っているだけの仕事」というイメージを持っていたが、施設の鍵の管理や巡回など他にも業務があることを知り、警備員のイメージが180度変わった。

 何もない平穏な日々が当たり前という警備の仕事。ただ、屋外の業務で道案内をした時や近隣住民の手助けをした時に「ありがとう」と一言言ってもらえるだけでうれしく、励みになるという。

 「アルバイトから始めて今日まで続けるなんて思っていなかった」と語る男性。20年以上続けてくることができたのは「しんどい時に自分を見てくれていた上司や、失敗した時に注意してくれる人がいたから」。

 警備員に求められる能力も、時代とともに肉体労働からサービスに変わってきたと感じるという。資格の勉強をしている警備員も比較的多く、男性も自身の業務の幅を広げるため、社内で資格試験を受験する機会があれば受けるようにしているという。これまでにサービス介助士などの資格を取得し、現在は施設警備業務に挑戦しようと考えている。

 「警備員さんも陰で努力してるんやっていう目で見てくれるとうれしいし、たまに『ありがとう』って言ってもらえるとなおさらうれしいかな」とはにかむと、制帽をかぶり業務に戻った。(吉永美咲)

吉永 美咲

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科3回生。これまで、留学に挑戦する関学生や新型コロナワクチンの大学拠点接種、また、大学を陰で支えている人びとについて記事を書いた。2020年度はオンラインで活動に参加。昨年度の人事でデスクとなり、細かな表現や言葉づかいなど日本語について考える毎日。趣味は合気道、伝統芸能鑑賞など。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る