1セットも許さず「打倒関東」に弾みつけ準決勝に 大学対抗王座決定戦試合 関学大庭球部男子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 全日本大学対抗テニス王座決定試合の第2日は9日、愛媛県総合運動公園(松山市)であり、関西学院大学庭球部男子は初戦に北海道地区代表の小樽商科大学と対戦した。全体を通して1セットも与えず9-0と圧勝。準決勝へと駒を進めた。ダブルスに好気配をにじませ、本大会の目標である「打倒関東」へ弾みをつける。

 「良い流れの試合を作り、圧倒するための鍵」と大会前から意識していたダブルスの滑り出しは順調だった。中留諒太・其田怜ペアが最初のゲームを獲得すると、その後も難なく勝利した。続いて増成智也・増成拓也ペアがストレート勝ち、篠田玲・堤野竜司ペアも勝利し、ダブルスは一分の隙も見せず全勝した。

 勢いに乗った関学大は、シングルスでも次々とセットを獲得した。最後となった堤野選手は接戦を繰り広げるも粘り勝ち。 試合全体を通して小樽商科大に1セットも与えない、堅実なプレーを披露した。末吉悠人主将は「序盤は固い動きもあったが、目標だった9-0で勝つことができてよかった」と試合内容を総括した。

 シード校が順当に勝ち進めば、11日に慶應義塾大学と準決勝で対戦する。「ダブルスで全勝、シングルスでは泥臭く勝負したい」と主将は意気込む。(柴崎辰徳)

シングルスのラストで粘り勝った堤野竜司=2022年10月9日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
ダブルスで先勝をとった其田怜・中留諒太(写真)ペア=2022年10月9日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
相手に1ゲームも与えなかった増成智也・拓也ペア=2022年10月9日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
試合後「打倒関東」を掲げる末吉悠人主将=2022年10月9日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影

柴崎辰徳

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修3回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る