王座4位にとどまる 3位決定戦で近大に2-7 全日本大学対抗王座決定試合 関学大庭球部男子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 全日本大学対抗テニス王座決定試合の第5日は12日、愛媛県総合運動公園(松山市)であり、関西学院大学庭球部男子は3位決定戦の相手として近畿大学と対戦した。あとの試合の流れを作るダブルスでファーストセットを総取りするも、勝ち取れず。シングルスの2勝を含め2-7で敗れ、4位で今大会を終えた。

 「第1セットは互角に戦えていた」と関学大の内田雅人・男子部監督が話すダブルスは、序盤から互いにゲームを取り合う展開となった。

 中留諒太・其田怜ペアは第1セットから熾烈(しれつ)なラリーを繰り広げ、タイブレークの末、1セット目を7-6で勝ち切った。しかし、2、3セット目は相手の猛攻にあと一歩及ばず、3-6、4-6で敗戦した。

 増成拓也・智也ペアは第1セットを7-5で制した。第2セットは5-7で奪われるも、第3セットは再び両者譲らない接戦となった。智也選手が前衛の攻撃を効かせると、拓也選手がロブショットで相手の意表を突くプレーもあったが、6-7で惜しくも敗れた。

 篠田玲・堤野竜司ペアは相手のサーブに苦しめられリードを許すが、多彩なショットでラリー戦を制し6-4で1セット目を獲得した。しかし、第2セットを1-6で落とし、第3セットは相手の積極性に押された。ミスショットをした堤野選手は思わずラケットをたたきつけ、悔しさをあらわにした。その後も流れを戻せず1-6で終了。ダブルス3試合は全て敗北となり、表彰台はシングルスにかかった。

 この日、ダブルスの中留選手が今大会初めてシングルスのオーダーに入った。シングルス起用について内田監督は「(関西学生リーグの)同志社大学戦で彼が勝負を決めたことで王座につながった。次期主将としてこの経験を通じて、より責任感を持ってほしい」と理由を明かした。

 中留選手は近畿大の奥地佑都選手と対戦。第1セットの序盤は互いに譲らない攻防を見せるも、次第に相手のサーブを落とすなどミスが多くなった。2セット目も奪われ、敗北した中留選手は悔しさを顔ににじませていた。

 堤野選手は、1年生ながら3時間に及ぶ好ゲームを繰り広げた。第1セット目は相手にリードを許してしまう苦しい展開だったが、タイブレークまで続いたラリー戦を制しこのゲームを奪う。しかし、2、3セット目は厳しいラリー戦を粘るものの、惜しくも敗北した。

 残るシングルスで其田、増成智也両選手がフルセットを勝ち取るも、試合は2-7で近畿大に敗れ、4位でこの大会を終えた。

 引退となる末吉悠人主将は「試合前練習から声が出ていて雰囲気が良かったが、ファイナルセットの近畿大が強かった。競り勝てるようになれば関西1位に、慶應大にも勝てる」と試合を振り返り、次の主将である中留選手に「主将としても、選手としても頑張ってほしい」と託した。中留選手は「(末吉主将は)最後までまとめてくれた。後輩たちがいきいきとテニスができるようにしたい」と答え、新しい主将としての姿勢を見せた。(松本亘平、西村遼、岡﨑亮太)

次期主将となる中留諒太=2022年10月12日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
シングルスで約3時間の試合を戦い切った堤野竜司=2022年10月12日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影
試合後に涙ながらスタンドへ感謝を告げた末吉悠人主将=2022年10月12日、松山市の愛媛県総合運動公園、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る