ガ大阪内定の山見 内定の心境と今後の意気込みを語る 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「素直にうれしかったと同時に焦りもあった」。来年度からJ1ガンバ大阪への加入が決定している、関西学院大学サッカー部のFW山見大登(法学部4年)。出身が大阪府豊中市ということもあり、幼い頃から豊中市をホームタウンとするガ大阪の試合によく応援に行っていたという。加入が決まりうれしい気持ちがあった反面、当時は試合に先発しておらず、結果を出さなければならないという焦りもあった。

 ガ大阪に加入できた理由について「1年のときのガ大阪との対戦で、プロになるために、体の強度、ゲームを組み立てる力、守備力の強化の必要性を感じ、そこから成長することができた」と自己分析する。

 内定の裏には同じ関学サッカー部出身で、現在はガ大阪に所属する山本悠樹(2020年国際学部卒)の存在もある。山本には「山見が点を取らないと勝てない」と最も頼りにされ、山本からプロチームの雰囲気についても詳しく教えられたという。その山本と6月16日に天皇杯ガ大阪戦で対戦した。「一緒にプレーできてうれしかったし、上達もしていた。それでも、その悠樹君が出られていないJ1の舞台のすごさを痛感した」

 残り半年の大学サッカーについて「チームとしては全国1位を取って結果を残したい。個人としてはガ大阪に加入が決定したこともあり、J1の基準をチームのメンバーに見せていきたい」と意気込んだ。(大藪巨翔)

FW山見大登(右)=2020年12月19日、堺市のJ-GREEN堺

大藪巨翔

投稿者プロフィール

兵庫県神戸市出身、経済学部1回生。これまでに、サッカー部やゼミを取材。今後も、ジャンルにとらわれず、興味を持ったことを幅広く取材したいと考えている。趣味は昭和歌謡を聴くこと。当時の世相を想像しながら聴くことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る