アメフト春季交流戦 桜美林大学に45-21で勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学アメリカンフットボール部は15日、神戸市灘区の王子スタジアムで桜美林大学との春季交流戦があり、関学大が45-21で勝利した。

 第1クオーター(Q)開始2分、関学大はQB鎌田陽大(3年)のパスから、WR衣笠吉彦(3年)がタッチダウン(TD)し先制。その後も、池田唯人(3年)の2度のTDなどで得点を重ね、前半を28-7で終えた。

 第3Qでは、QB柴原颯斗(2年)が、自らボールを持ち込んでTDに成功し、35-7と桜美林大を突き放した。

 第4Qは一転し、開始39秒に桜美林大にTDを決められた。3分にキッカー福井柊羽(4年)のフィールドゴールで3点を追加するも、直後の8分、桜美林大にTDを許した。11分、RB前島仁(3年)がランからTDを決めた。一時、桜美林大に押し込まれたが、終盤に盛り返し45-21で勝利した。

 関学大の大村和輝監督は「相手にパスをよく通された。タイミングの早いパスは、LB、DBが頭を使わないと」と振り返った。試合では、QB鎌田を中心に多くのロングパスを試みた。「鎌田は肩の強さがある。精度が上がれば、より得点が取れると思う」と話した。

 関学大は5月28日、大阪府吹田市のエキスポフラッシュフィールドで関西大学と対戦する。(林昂汰)

第2Q、サイドを駆け上がるWR衣笠吉彦=2022年5月15日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影
第3Q、自らボールを持ち込んでTDしたQB柴原颯斗=2022年5月15日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影
第4Q、味方を飛び越えてTDしたRB前島仁=2022年5月15日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影
QBからのロングパスが上手くつながらない試合だった=2022年5月15日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る