甲子園ボウル 関学大が法大を下し4連覇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝、第76回甲子園ボウルは19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、西日本代表の関西学院大学(関西)は47-7で東日本代表の法政大学(関東)に勝利した。関学大は4年連続32回目の優勝となった。

 第1クオーター(Q)開始直後、RB齋藤陸(4年)が先制タッチダウン(TD)を決めた。7-0で迎えた第2Q、キッカー永田祥太郎(4年)がフィールドゴール(FG)を2本決め、関学大は試合前半を13-0で終えた。

 第3Q開始早々、法大がTDを決め7点獲得。3分、法大がインターセプトを決め、試合の流れは法大に傾いた。しかし、8分、RB前島仁(2年)がTDを決め、関学大は試合の流れを取り戻した。勢いに乗った関学大はその後もリードし続け、第4Qで24得点を決め勝利した。

 関学大の大村和輝監督(50)は「全員で取れた勝利」と語った。この1年を振り返って「非常に良い経験ができた1年。来年につなげられるようにしたい」と話した。

 齋藤は「4年間甲子園ボウルに出場したが、甲子園ボウルでTDしたのは今日が初めて。4年間で一番落ち着いたTDだった」と試合を振り返った。

 甲子園ボウル最優秀選手には齋藤が、ミルズ杯(年間最優秀賞)にはRB前田公昭(4年)が輝いた。前田は受賞について「ミルズ杯を取ることが個人としての一番高い目標だった。報われた気持ちがして、率直にうれしい」と笑顔で話した。

 今年度から甲子園ボウルの優勝チーム(学生代表チーム)は、日本選手権「ライスボウル」に出場しないため、今大会が4年生にとって学生生活最後の大会となった。(横山なつの)

入場する関学大の選手。旗を持つのは主務の市川直輝=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、柴原誠撮影
第1Q、ロングパスを受け取るWR糸川幹人=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
第3Q、WR河原林佑太に守られ、左サイドを68ヤード駆け抜けるTDをしたWR前島仁(中央)=12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
甲子園ボウルでTDしたことがなかったと話したRB齋藤陸は、今大会で2回TDを決めた=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
トロフィーを掲げる関学大の選手=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
表彰式後の記念撮影。ライスボウルの出場がなくなったため、4年生は最後の試合となった=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る