甲子園ボウル 関学大が法大を下し4連覇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝、第76回甲子園ボウルは19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、西日本代表の関西学院大学(関西)は47-7で東日本代表の法政大学(関東)に勝利した。関学大は4年連続32回目の優勝となった。

 第1クオーター(Q)開始直後、RB齋藤陸(4年)が先制タッチダウン(TD)を決めた。7-0で迎えた第2Q、キッカー永田祥太郎(4年)がフィールドゴール(FG)を2本決め、関学大は試合前半を13-0で終えた。

 第3Q開始早々、法大がTDを決め7点獲得。3分、法大がインターセプトを決め、試合の流れは法大に傾いた。しかし、8分、RB前島仁(2年)がTDを決め、関学大は試合の流れを取り戻した。勢いに乗った関学大はその後もリードし続け、第4Qで24得点を決め勝利した。

 関学大の大村和輝監督(50)は「全員で取れた勝利」と語った。この1年を振り返って「非常に良い経験ができた1年。来年につなげられるようにしたい」と話した。

 齋藤は「4年間甲子園ボウルに出場したが、甲子園ボウルでTDしたのは今日が初めて。4年間で一番落ち着いたTDだった」と試合を振り返った。

 甲子園ボウル最優秀選手には齋藤が、ミルズ杯(年間最優秀賞)にはRB前田公昭(4年)が輝いた。前田は受賞について「ミルズ杯を取ることが個人としての一番高い目標だった。報われた気持ちがして、率直にうれしい」と笑顔で話した。

 今年度から甲子園ボウルの優勝チーム(学生代表チーム)は、日本選手権「ライスボウル」に出場しないため、今大会が4年生にとって学生生活最後の大会となった。(横山なつの)

入場する関学大の選手。旗を持つのは主務の市川直輝=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、柴原誠撮影
第1Q、ロングパスを受け取るWR糸川幹人=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
第3Q、WR河原林佑太に守られ、左サイドを68ヤード駆け抜けるTDをしたWR前島仁(中央)=12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
甲子園ボウルでTDしたことがなかったと話したRB齋藤陸は、今大会で2回TDを決めた=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
トロフィーを掲げる関学大の選手=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影
表彰式後の記念撮影。ライスボウルの出場がなくなったため、4年生は最後の試合となった=2021年12月19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る