関学大が京都大に34-14で開幕2連勝 関西学生アメフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 台風14号が近畿地方に近づく曇り空の王子スタジアム(神戸市灘区)でキックオフした、アメリカンフットボール関西学生リーグは18日、関西学院大学と京都大学の試合があり、関学大が34-14で京都大を制した。関学大は開幕2連勝。

 開始5分で京都大に先制のタッチダウン(TD)を決められるも、2分後にRB伊丹翔栄がランで26ヤードをゲイン。関学大QB鎌田陽大からのパスを受け取ったWR衣笠吉彦がTDし、同点で第1クオーター(Q)を終えた。追加点を狙う関学大は、ミスもありながらキッカー福井柊羽の2回のフィールドゴール(FG)と、WR糸川幹人のランプレーによるTDで、第2、3Qにリードした。

 「投げて走れる」と自身の強みを話す、1年のQB星野秀太がフィールドに立った第4Qでは、星野からのパスで衣笠がTDを決めた。星野自身もエンドゾーンにボールを運びTDを挙げた。試合終了間際、京都大にTDを許すも、リードを保ったまま終了のホイッスルが鳴った。

 試合後、関学大の大村和輝監督はQBとWRについて「入りでぽろぽろボールを落としていた。練習から駄目だった」と厳しく話した。

 第4QでQBを変えたことについては「鎌田が駄目で(星野を)出した。普段からの練習の仕方が甘いと思う」と言い、「セイフティでない時だったが、星野は物おじしないと思った」と説明した。次戦のQBは「良い方を使う」と話す。

 関学大の次戦は10月15日の午後2時30分から、王子スタジアムで神戸大学と対戦する予定。(西村遼)

第3Qまで得点源となるパスを投げたQB鎌田陽大=2022年9月18日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影
第1Q、パスを受け取りTDまで走りきったWR衣笠吉彦=2022年9月18日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影
第4QでQBながらもランプレーでTDする星野秀太=2022年9月18日、神戸市灘区の王子スタジアム、西村遼撮影

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る