関学サッカー、2―0で天理大に勝利 全国まであと1勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは19日、全国大会の第5代表決定戦の準決勝が堺市のJ―GREEN堺であり、関西学院大は天理大に2―0で勝利した。決勝の大阪経済大戦に勝利すれば、全国大会出場が決まる。

 関学大は前半からボールを握り、試合を支配した。先制点は後半35分だった。スローインの流れから、後ろ向きでパスを受けたFW木村勇大が振り向きざまにシュート。豪快な一撃がゴールネットに突き刺さった。

 9分後には、途中出場のMF船越大夢がペナルティーエリア内でボールを受け、冷静にシュートを決めた。

 試合を通してのシュート数は、天理大の2本に対して関学大は14本。後半35分まで、攻め込みながらも得点を奪えない時間が続いたが「後ろがしっかり守って、じれずにボールも回せていたので、いつかはチャンスが来ると思っていた。(攻撃を)やり続けられた」と木村。落ち着いて攻め続け、勝利をものにした。

 全国大会出場まであと1勝となった。木村は「次勝たなければ、ここまで勝ってきた意味が全て無くなる」と気を引き締めていた。 (林昂汰)

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-12-14

    関学サッカー、執念の逆転勝ちで全国大会へ光

     関西学生サッカーリーグは13日、延期となっていた後期第3節が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、…
  2. 2021-4-3

    1年越しの笑顔 新2年生入学式

    関西学院大学の新2年生の1年越しの入学式が3日、西宮上ケ原キャンパスであった。同大学は昨年、新型コロ…
  3. 2018-7-20

    (ポプラ)女性の活躍する世の中へ

     ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が先月出産し、6週間の産後休暇を取得した。一時的に国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る