関学出身の多田 初五輪は「楽しむことを忘れずに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 陸上男子100メートルで東京五輪代表に内定した多田修平(住友電工、関学大出身)が、大阪市内で5日、会見し「日本選手権より緊張感が少ない。初めてなので楽しむことを忘れず走りたい」と五輪への抱負を語った。

 多田は、五輪の代表選考会を兼ねた先月の日本選手権で優勝し、東京五輪代表に内定した。日本選手権では3年連続5位が続き、苦しい思いをしたという。「五輪代表に内定したことよりも、(日本選手権で)初めて優勝したことがうれしかった。喜びが爆発し、ゴールの瞬間に自然とガッツポーズが出た」と満面の笑みでレースを振り返った。

 五輪の目標を、100メートルは決勝進出、400メートルリレーは金メダル獲得と掲げ、大会に臨む。「個人で9秒台を出せば決勝が見える。リレーでは1走で流れを作り、メダルに貢献したい」

 多田は大阪府出身の25歳。「練習拠点は関東だが、(近畿から)たくさんの声援をもらっている。関学や近畿の代表として恥じない走りをしたい」と話し「ブレークしたのは関学時代。自由がモットーのところなので、自分で考えて取り組むことが大切だ」と母校の後輩たちへ言葉を贈った。

 東京五輪の男子100メートル予選は、31日の午後7時から、国立競技場(東京都新宿区)で開催される。(西村遼)

会見に臨む多田修平=2021年7月5日、大阪市中央区の住友電工本社、ニチエンプロダクション提供
日本選手権で優勝した多田修平(左)=2021年6月25日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居、毎日新聞社提供

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る