関学サッカー、延長戦制し全国大会初戦を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 大学サッカー全国大会の第2日は7日、1回戦8試合があった。関西学院大(関西第5代表)は常葉大(東海第2代表)に1―0で勝利した。関学大は9日、2回戦で桐蔭横浜大学と対戦する。

 「初めての環境、相手ですごく難しい試合だった」と高橋宏次郎監督(30)。全国大会の初戦は延長戦までもつれる緊張感の高い試合となった。

 先制点は延長前半13分だった。スローインを受けたFW木村勇大から途中出場のFW山見大登へボールが渡り、山見は2度の切り返しから左足でシュート。相手GKの手をかすめながらゴールに吸い込まれた。山見は「初めての相手だったので、僕の得意な切り返しが使えた」と話した。

 高橋監督は「GKとDFが声を掛け合って安定させたことが今日の勝因」と語る。強風の吹き荒れる中、初対戦の相手との試合だったが、ディフェンス陣を中心に集中した守りを見せた。

 GK稲垣佳祐は「今まで接戦を制してきたからこそ、どんな時間帯でも誰も慌てない空気がある」。集中した守備と今日の勝利には、自信とチームメイトへの信頼があったようで「0で抑えさえすれば前線の選手がゴールしてくれるというメンタリティーも大きかった」。

 次戦は、昨年度のインカレ準優勝の桐蔭横浜大学。決勝ゴールを挙げた山見は「崖っぷちからここまで上がってきた力を見せたい」と意気込んだ。 ( 林 昂汰 )

右サイドで攻守に躍動したMF輪木豪太(右)とDF北村万宙=7日、茨城県龍ケ崎市、林昂汰撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-3-18

    学生生活を充実させよう 東京丸の内キャンパスの活用法

     関西学院東京丸の内キャンパスは就職活動の支援や生涯学習の提供を行っている。    コロナ禍…
  2. 2024-3-18

    全員で1つのメロディーを作りあげる 関西学院ハンドベルクワイア

     関西学院ハンドベルクワイアは宗教音楽員会に所属する団体だ。 ハンドベルクワイアは各学部のチ…
  3. 2024-3-18

    阪神タイガース近本光司選手 学生時代を深掘り

     昨年阪神タイガースは日本シリーズ2023にて、オリックス・バファローズとの熱戦を制し38年ぶりの…
ページ上部へ戻る