ライスボウルで応援できず、ユニフォームは一度きり チアリーダー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルが3日、東京都内であった。関西学院大学応援団総部は応援に参加できなかった。当初は参加する予定だったが、ソーシャルディスタンスを取った応援場所の確保が難しかった。

 不参加が決まったのは、先月の甲子園ボウルの後だった。応援団総部チアリーダー部の指宿ひかり前部長(社会学部4年)は「最後まで応援できず悔しい気持ちでいっぱいだったが、感染者も増えていて仕方ないなという気持ちもあった」と話す。

 今年度は新型コロナウイルスによる苦境が続いた。チアリーダー部では、4年生と34人の新入部員全員は会えなかった。人数制限をして練習していたためだ。

 毎年開催していた12月の単独公演も中止になった。4年生の間では「自分たちがずっといるよりも、後輩に幹部を譲るべきなのではないか」という意見も出たが、最後までやり切ろうと約束し合い活動を続けた。

 昨年12月の甲子園ボウル、ユニフォームを着て応援する唯一の機会だった。チアリーダー部にとって最初で最後の舞台で体育会アメリカンフットボール部が勝利。日本一を共にした。指宿さんは「喜んで終われて本当に良かった。良い経験をさせてもらった」と話した。 (林 昂汰)

昨年の甲子園ボウルでマスクを着けて応援するチアリーダー部=2020年12月13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、柴原誠撮影

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-9-20

    4団体がオンラインで演劇披露 部員獲得を目指して結集

     関西学院大学の4つの演劇団体は、9月25日〜28日、オンラインで演劇を披露する。新型コロナウイルス…
  2. 2020-12-8

    関学大とJALが協定 来年度から共同授業を開講

     関西学院大学は10月16日、日本航空(JAL)と連携協定を結んだと発表した。総合政策学部は、JAL…
  3. 2020-11-21

    来年度は原則、対面授業に 関西学院大学が発表

     関西学院大学は20日、来年度の授業を原則対面で行うと発表した。基礎疾患のある学生や来日が困難な留学…

アーカイブ

ページ上部へ戻る