ライスボウルで84ヤード独走の関学大・三宅 鳥内前監督も高評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 昨年のライスボウルで富士通から64ヤードのTDランを見せたRB三宅昂輝(4年)は今年も東京ドームで実力を発揮。試合を現地観戦した鳥内秀晃前監督(62)も「三宅は社会人にも十分に通用していた」と高く評価した。

 3日、東京ドームであったアメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」。第2Q、三宅は84ヤードを独走し、オービックからTDを奪った。

 三宅は今日の試合を振り返って「試合前から、自分が独走してTDすることを目標としていたのでうれしい」と語った。

 最終学年の今季は初戦から獅子奮迅の活躍を見せた。

 関西リーグ初戦・同志社大戦ではキックオフのリターンから90ヤードを激走しそのままTD。甲子園ボウルでは3本のTDランを決め、関学大の優勝に貢献した。

 大学卒業後も競技を続行する。「中学から10年間、関学でプレーしてきて、競技面だけでなく人間性なども学んだ。社会人になっても生かしていきたい」 (柴崎辰徳)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-9-11

    SDGsを遊びながら楽しく学ぶ かるたを教育学部の学生が製作

     関西学院大学教育学部の学生らが、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)を楽しく学べる「SDG…
  2. 2020-10-17

    (K.G.People)体育会サッカー部 杉山天真主将 大学でスポーツを極める意味

     「大学でサッカーをする意味を、嫌と言うほど自分自身に問いかけた」。高校まで、ガンバ大阪の下部組織に…
  3. 2020-9-5

    第1日を終え関学勢トップは5位・原田 関西学生賞典総合馬術大会

     関西学生賞典総合馬術大会は5日、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)で開幕した。この日は人馬一…

アーカイブ

ページ上部へ戻る