ライスボウルで84ヤード独走の関学大・三宅 鳥内前監督も高評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 昨年のライスボウルで富士通から64ヤードのTDランを見せたRB三宅昂輝(4年)は今年も東京ドームで実力を発揮。試合を現地観戦した鳥内秀晃前監督(62)も「三宅は社会人にも十分に通用していた」と高く評価した。

 3日、東京ドームであったアメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」。第2Q、三宅は84ヤードを独走し、オービックからTDを奪った。

 三宅は今日の試合を振り返って「試合前から、自分が独走してTDすることを目標としていたのでうれしい」と語った。

 最終学年の今季は初戦から獅子奮迅の活躍を見せた。

 関西リーグ初戦・同志社大戦ではキックオフのリターンから90ヤードを激走しそのままTD。甲子園ボウルでは3本のTDランを決め、関学大の優勝に貢献した。

 大学卒業後も競技を続行する。「中学から10年間、関学でプレーしてきて、競技面だけでなく人間性なども学んだ。社会人になっても生かしていきたい」 (柴崎辰徳)

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る