ライスボウルで84ヤード独走の関学大・三宅 鳥内前監督も高評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 昨年のライスボウルで富士通から64ヤードのTDランを見せたRB三宅昂輝(4年)は今年も東京ドームで実力を発揮。試合を現地観戦した鳥内秀晃前監督(62)も「三宅は社会人にも十分に通用していた」と高く評価した。

 3日、東京ドームであったアメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」。第2Q、三宅は84ヤードを独走し、オービックからTDを奪った。

 三宅は今日の試合を振り返って「試合前から、自分が独走してTDすることを目標としていたのでうれしい」と語った。

 最終学年の今季は初戦から獅子奮迅の活躍を見せた。

 関西リーグ初戦・同志社大戦ではキックオフのリターンから90ヤードを激走しそのままTD。甲子園ボウルでは3本のTDランを決め、関学大の優勝に貢献した。

 大学卒業後も競技を続行する。「中学から10年間、関学でプレーしてきて、競技面だけでなく人間性なども学んだ。社会人になっても生かしていきたい」 (柴崎辰徳)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る