アメフト・ライスボウル 関学大は後半失速、オービックに敗れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルは3日、東京ドームであり、関西学院大(学生代表)は18—35でオービック(社会人代表)に敗れた。19年ぶり2度目の日本一はならなかった。

 関学大は第1クオーター(Q)、RB前田公昭(3年)がエンドゾーン手前から駆け抜け先制タッチダウン(TD)。オービックに2本のTDを許し、逆転される。

 第2Qには、RB三宅昂輝(4年)が84ヤードを独走しTDを決めるビッグプレーで流れを取り戻した。前半は両者の攻防が激しい展開となり、関学大は社会人王者を相手に引けを取らないプレーを見せた。

 後半はオービックが関学大オフェンスに適応。関学大は第3Qには14失点、第4Qには7失点を喫した。試合終盤には前田がTDをもぎ取るも、そのまま試合が終了。社会人の実力を見せ付けられる形となった。

 関学大の大村和輝監督(49)は「一対一の実力差や自分たちのアジャスト(適応)ミスが出てしまいました」と肩を落とした。

 RB鶴留輝斗主将(4年)は「詰めの甘さが出た。良かった流れを自分たちで切っていた」と厳しい口調で振り返った。

 アメフトを大学で引退すると表明したQB奥野耕世(4年)は試合終了と同時に涙を見せた。「小1から16年間やってきた。寂しさを感じる。不自由なくアメフトをやらせてくれた両親に、感謝している」。今後のアメフトとの関わり方を問われると「アメフトで学んだことを生かしつつ、何らかの形でアメフトと関わりたい」と誓った。

 来シーズンに向けて、大村監督は「1、2年生は、ポテンシャルの高い選手が多い。新型コロナの影響で予定がどうなるか分からないが、彼らに経験を積ませてあげたい」と意気込んだ。 (柴崎辰徳)

第2Q、パスの構えからスクランブルをする関学大のQB奥野耕世(右)=3日午後、東京ドーム、柴原誠撮影
第1Q、先制のTDを決めたRB前田公昭(中央)=3日午後、東京ドーム、柴原誠撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る