前半の3失点響き、リーグ戦初黒星 関学サッカー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは10月31日、後期第8節が堺市のJ―GREEN堺であり、関西学院大学は桃山学院大学に1―3で破れた。 後期リーグ戦で初黒星となり、関学大の開幕からの無敗は5で止まった。

 試合開始直後から、桃山大の前線からの守備で思うように攻撃できないでいると、前半8分、左サイドを突破した桃山大DF岩崎英次の折り返しをMF水津颯太に決められ先制を許す。続く前半13分、またも左サイドから同じ形でFW三枝竜也に決められ、立て続けに失点。0―2となった。

 2失点後は攻勢を強め、前半26分、DF小林洵のロングパスを左サイドで受けたMF渡邉裕斗が、FW山見大登に繋ぎ、山見は左足でシュート。ボールはゴール右に吸い込まれ、1点を返した。

 このまま反撃へ勢いを増したかに思われた関学大だったが、僅か4分後の前半30分、桃山大の中盤からペナルティエリアへボールが渡り、水津に右足で強烈なボレーシュートを決められ、再び失点。山見は「1点取った後にすぐに失点したのがきつかった」と肩を落とした。前半は1―3で折り返した。

 後半は、山見や途中出場のFW木村勇大にボールを集め、攻め続ける関学大。何度もゴール前まで迫るも、桃山大の集中した守備を破ることはできず、このまま試合終了。関学大はリーグ戦初黒星を喫した。

 「立ち上がりをもっと引き締めないといけない」と山見。「関西で優勝して日本一」という目標へ、リーグ戦は残り5試合。次節は関西大学と対戦する。   (林 昂汰)

果敢にドリブルで仕掛けるMF輪木豪太 = 10月31日、堺市のJ―GREEN堺
2試合連続で途中出場のFW木村勇大= 10月31日、堺市のJ―GREEN堺

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る