国際ボランティア派遣中止 落胆も、今できることを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「これからどうしたらいいんだろう……」。およそ1年前、関西学院大学国際学部4年の中島はなさん(21)は無力感に襲われた。世界中で新型コロナウイルスが感染拡大した影響で、2020年4月から始まる予定だった国際社会貢献活動が中止になったからだ。

 同活動は、主に東南アジアの開発途上国でボランティア活動をする関学大独自の留学プログラム。春学期または秋学期の約5カ月間、現地の教育機関や非政府組織(NGO)の職員として活動できる。 

 中島さんは入学前から活動に参加したいと考えていた。1年生の時から、海外へ語学研修に行くなど英語学習に力を入れてきた。また、途上国の現状を理解するため、同大が主催するベトナムでのフィールドワークにも参加した。

 20年3月中旬、活動を主催する国際教育・協力センター(CIEC)から派遣中止を知らせるメールが届いた。「派遣学生みんなが、わずかな希望を持って過ごしていただけに、落胆の声は多かった」と振り返る。派遣は21年秋学期に延期となった。

 想定外の1年を中島さんは「中止になって良かった、と今なら思える」と振り返る。渡航が中止になり落胆していた時に、同学部の先輩からあるオンラインイベントを紹介された。

 日本語を学ぶマレーシア人学生と、英語を学ぶ日本人学生との文化交流イベントで、中島さんは他大学の学生と共に、イベントの企画や運営をした。

 「オンラインイベントに参加して、国内外に人脈が広がった。イベントの企画力や運営力など国際社会貢献活動で必要なスキルをさらに高めることができた。渡航前にこうした経験ができて良かった」と吹っ切れた。

 CIECによると、19年度の派遣者数が12人だったのに対し、20年度は0人だった。海外留学派遣担当の葉佐賢太郎さんは「学生は、このプログラムのために約8カ月間、学業と両立して事前準備をしてきた。その努力を知っている分、中止・延期の判断はとても心苦しかった」と話した。(吉永美咲)

中島はなさん=2019年11月、マレーシア

吉永 美咲副総部長付庶務補佐

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科3回生。これまで、留学に挑戦する関学生や新型コロナワクチンの大学拠点接種、また、大学を陰で支えている人びとについて記事を書いた。2020年度はオンラインで活動に参加。昨年度の人事でデスクとなり、細かな表現や言葉づかいなど日本語について考える毎日。趣味は合気道、伝統芸能鑑賞など。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る