関学サッカー、関西大に逆転勝ち 全国大会へ望みつなぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは6日、延期となっていた後期第9節が堺市のJ―GREEN堺であり、関西学院大は関西大に2―1で勝利した。順位は7位で、勝ち点を17に伸ばした。関学大は次の試合に勝利すれば、下部カテゴリーのチームと全国大会出場を争う5位以上が確定し、得失点差によっては全国大会に出場できる4位以上となる。

 選手が先週の試合から課題だと話していた立ち上がり。前半11分に失点したが「チーム全体で声を掛けて盛り上げ、攻めの姿勢を出せた」とDF本山遥。逆転し、関学大は6試合ぶりの勝利となった。

 30分、クロスのこぼれ球をペナルティーエリア右隅で拾ったFW岡島温希が、相手DFをかわし、角度の無い所からシュート。相手GKの手をかすめながら、ゴールに突き刺した。数分前にも同じような場面があり、岡島は「前のシーンでは隅を狙ったがGKの正面にボールが行った。次は思い切って打った」と話した。

 続く38分、MF渡邉英祐のコーナーキックに本山が右足で合わせ、逆転に成功した。本山は「前日の練習で意識していた形。キッカーの英祐から良いボールが来て、合わせるだけだった」と振り返った。

 全国大会へ向けて、次の試合も勝利が必要な関学大。本山は「来週の試合に勝たないと、今日の勝利の意味はない」と気を引き締めていた。 (林 昂汰)

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-15

    【特集】大学ミスコン 問われるあり方 

     近年、日本各地の大学で開かれる「ミスコンテスト」のあり方が変化している。コンテストの廃止や、性別を…
  2. 2020-4-21

    (障害者と防災) 誰が支援し、どう避難するか 今すべきことは 舩後靖彦さん、横澤高徳さん

     参議院議員で自らも障害を持つ舩後(ふなご)靖彦さんと横澤高徳さんに、災害時に障害者を守るために、…
  3. 2021-3-13

    (この学生に注目!)準硬式野球部・山本涼香内野手 リーグ初出場女子選手

    関西学院大学準硬式野球部・山本涼香内野手(文学部3年)が、昨年10月21日に鳴尾浜臨海野球場(兵庫県…

アーカイブ

ページ上部へ戻る