高校でSDGsの出張講座 総合政策学部の学生が発案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学総合政策学部の学生らは8月20日、京都学園高等学校(京都市右京区)で持続可能な開発目標(SDGs)の出張講座を開いた。国際コースの生徒51人が参加し、SDGsに主体的に取り組む重要性を学んだ。

 生徒はSDGsに取り組む必要性についての議論。学生が作成したSDGsカルタをもした。国際社会への興味を深め、国際問題を身近に感じるきっかけとなった。

 講座は、国際開発について学ぶ村田俊一ゼミの有志学生8人が発案。将来を担う高校生が、今できることを考える機会を、提供したいと考えた。京都学園高等学校以外にも、4つの高校で出張講座を開いた。

 講座では元国連職員の村田教授の特別講義もあった。高校生はSDGsの達成には、先進国と途上国の協力が重要だという話に耳を傾けた。話を聞いて生徒は、視野を世界に広げ、自身の関心分野や進路と向き合っていた。

 参加した生徒は「深刻な問題がたくさんあった。私たちがSDGsを広めていきたい」と主体性をみせた。

 講座の代表で総合政策学部4年の嶋崎まゆさんは「世界には貧困・ジェンダー・環境・経済など様々な問題がある。解決するには一人ひとりが主体的に行動しなければならない」とし、今後の活動については「高校生が主体的に学ぶ意欲を追求できるよう、継続して高大連携の取り組みする」と語った。講座は、開催校を増やし開催していくという。  (川本暖乃)

カルタで楽しく SDGsを学ぶ生徒たち=8月20日、京都市右京区の京都学園高等学校
生徒に特別講義をする村田俊一教授 (右正面)=8月20日、京都市右京区の京都学園高等学校

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る