【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 船越大夢 関学のイニエスタへ、視界良好

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。
 プレーになると一変。強みであるボールキープ力を見せつける。持ち前のテクニックを活かし、相手にボールを渡さない。左右から放たれるシュートにも隙がない。
 船越は高校時代、ヴィッセル神戸の下部組織に所属していた。尊敬している選手は、スペインの強豪チームで活躍後、J1のヴィッセル神戸に電撃加入した、アンドレス・イニエスタだという。船越は当時を振り返り「間近でスーパースターの影響を受けられた。同じポジションを担う中で勉強になる部分がたくさんあった」と語る。下部組織では、イニエスタと同じ「8番」を背負ってプレーした。
 今季の目標はスタメン定着。「チームのために、少しでも多くゴールを決めたい」と意欲を見せた。 (木村航太)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-21

    阪神・淡路大震災と関学 「ボランティアはイマジネーション」 他者への想像 支援広がる

     震災の被害と学生支援 1995年1月17日午前5時46分に起きた阪神淡路大震災で、関西学院…
  2. 2023-3-10

    (マスターピース)『この世の喜びよ』 井戸川射子〈著〉

     2023年1月19日、東京の帝国ホテルにて記者会見が行われた。第168回芥川賞、直木賞受賞者の記…
  3. 2023-3-10

    「憧れ」から「かなえる」ものへ 社会学部3年 田中友梨奈さん

     幼少期から続けているエレクトーン、コンテスト前に捻挫してしまった際には割り箸で指を固定しながら演…
ページ上部へ戻る