【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 船越大夢 関学のイニエスタへ、視界良好

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。
 プレーになると一変。強みであるボールキープ力を見せつける。持ち前のテクニックを活かし、相手にボールを渡さない。左右から放たれるシュートにも隙がない。
 船越は高校時代、ヴィッセル神戸の下部組織に所属していた。尊敬している選手は、スペインの強豪チームで活躍後、J1のヴィッセル神戸に電撃加入した、アンドレス・イニエスタだという。船越は当時を振り返り「間近でスーパースターの影響を受けられた。同じポジションを担う中で勉強になる部分がたくさんあった」と語る。下部組織では、イニエスタと同じ「8番」を背負ってプレーした。
 今季の目標はスタメン定着。「チームのために、少しでも多くゴールを決めたい」と意欲を見せた。 (木村航太)

木村航太

投稿者プロフィール

大阪府岸和田市出身、文学部英米文学英語学専修4回生。高校時代は野球部に所属していた。大学入学後は心機一転し新聞総部に入部。部内では記者として活動する傍ら、総部長として、部運営のため「広告営業」や「新聞の定期購読者獲得」をめざし東奔西走中。趣味はスポーツ観戦とゴルフ。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る