【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 船越大夢 関学のイニエスタへ、視界良好

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。
 プレーになると一変。強みであるボールキープ力を見せつける。持ち前のテクニックを活かし、相手にボールを渡さない。左右から放たれるシュートにも隙がない。
 船越は高校時代、ヴィッセル神戸の下部組織に所属していた。尊敬している選手は、スペインの強豪チームで活躍後、J1のヴィッセル神戸に電撃加入した、アンドレス・イニエスタだという。船越は当時を振り返り「間近でスーパースターの影響を受けられた。同じポジションを担う中で勉強になる部分がたくさんあった」と語る。下部組織では、イニエスタと同じ「8番」を背負ってプレーした。
 今季の目標はスタメン定着。「チームのために、少しでも多くゴールを決めたい」と意欲を見せた。 (木村航太)

木村航太総部長

投稿者プロフィール

大阪府岸和田市出身、文学部英米文学英語学専修3回生。高校時代は野球部に所属していた。大学入学後は心機一転し新聞総部に入部。部内では記者として活動する傍ら、総部長として、部運営のため「広告営業」や「新聞の定期購読者獲得」をめざし東奔西走中。趣味はスポーツ観戦とゴルフ。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-7-19

    キャンパス内の喫煙所縮小へ 改正健康増進法の施行により

     多くの人が利用する施設での喫煙を規制する改正健康増進法が1日、一部施行され、本学でも多くの喫煙所…
  2. 2019-12-18

    手作りの引退公演 大盛況-文化総部劇研究部「劇団狸寝入」

     文化総部劇研究部「劇団狸寝入」の「3回生引退公演」が6日から8日に西宮上ケ原キャンパス旧学生会館…
  3. 2021-2-25

    国内初「BIZCAFE」誕生へ 理系学生支援とSDGs推進

    関西学院大学は24日、三田市の神戸三田キャンパスで、株式会社エンリッション(京都市上京区)、株式会社…

アーカイブ

ページ上部へ戻る