関学大アメフト部、要望書を提出 ライスボウルのあり方の見直し求める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 学生と社会人の実力差が問題になっているアメリカンフットボール日本選手権(ライスボウル)について、関学大体育会アメリカンフットボール部は22日付けで大会のあり方の見直しを求める要望書を関西学生連盟(神戸市灘区)に提出した。同日行われた会見で同部の小野宏ディレクターが明らかにした。

 ライスボウルでは、学生側が11連敗しており、大会の開催意義を疑問視する声もある。3日に開催した今年の大会でも、同部は24点差で社会人代表の富士通に大敗。体格差のある社会人選手らとの接触で、同部の選手らは負傷退場しており、安全性にも懸念の声もある。新監督の大村和輝氏(48)も同日の記者会見で「実力差がありすぎる」と発言している。

 要望書では同大会に安全性や平等性の課題があるとし、学生代表と社会人代表が対戦する今のあり方に改善を求める一方、具体的な改善策は提言はしていない。小野ディレクターは「(改善策は)学生連盟や日本アメリカンフットボール連盟に判断してほしい」とした。

 要望書という形式を選んだ事については、同部が以前から公式に懸念を表明していたことに触れ「(主催者の)日本アメリカンフットボール連盟に正式に議題として取り上げてもらうために、要望書という形を選んだ。関西学生連盟の方から日本協会、学生協会を通じて検討して欲しい」とした。

 記者会見では要望書は公開されず、同部は「関西学生連盟から公表を止めるように言われている。公表については関西学生連盟に委ねる」としている。

 関西学生連盟の担当者は「公表を止めるように言っているのは事実。(今後公表するかは)まだ届いていないので、何も言えない。関学大が公表をするのを妨げるつもりはない」とし、今後の対応については「月に一度の理事会で議論をし、日本アメリカンフットボール協会に報告をしていく事になると思う。報告は4月6日の記者会見でする」とした。

要望書の提出を明らかにした体育会アメリカンフットボール部の小野宏ディレクター(右)=22日、西宮上ケ原キャンパス

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    それぞれの思いを込めて 〜退職を控えた教授 最終講義〜

     1月の初旬から、3月にかけて、2018年度をもって本学を退職する教授らの最終講義が行われている。…
  2. 2019-2-15

    (ヒストリー)阪神・淡路大震災、あの時関学は…

    1995年1月17日午前5時46分、兵庫県南部地方で地震が発生した。阪神・淡路大震災だ。…
  3. 2020-10-25

    オンライン新月祭、前半終了 集客に課題残る 第2弾は新たな取り組みも

     新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった関西学院大学の学園祭「新月祭」の第1弾が24日…

アーカイブ

ページ上部へ戻る