第45回総合関関戦合同礼拝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学体育会学生本部は2日、第45回総合関関戦合同礼拝を西宮上ケ原キャンパスのランバス記念礼拝堂で開いた。礼拝を通じてスクールモットーの「Mastery for Service」を感じ、関関戦に向けて士気を高め、一致団結することが目的。体育会各部幹部が対面で参加するのは、2019年以来3年ぶり。

 冨田宏治副学長は式辞で「関学は関大より活動時の制約が厳しい。不利な立場ではあるが、勝ちにこだわって試合に臨んでほしい。史上最高の勝利となるはずだ」とコロナ禍での活動をねぎらい、エールを送った。関西学院大学応援団指導部による応援動画も公開された。

 礼拝の運営に携わった陸上ホッケー部女子の岩山彩香さん(総合政策学部3年)は「3年ぶりで全体像を把握しづらかったが、いろいろな方の協力で成功させることができ、楽しくて充実感があった。関西学院大学への帰属意識が芽生えた」と話した。

 これまでの通算成績は23勝17敗1分で、17日現在の対戦成績は9勝10敗4分。岩山さんは「引き続き関大との差を広げられるよう勝利に貢献したい」と意気込んだ。(石本理子)

応援団総部の応援動画=2022年6月2日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスのランバス記念礼拝堂、林昂汰撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る