大学にキッチンカー出店 食堂の密対策で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスに、キッチンカーが出店している。新型コロナウイルスの感染対策で食堂の密を避けるため、同大学生活協同組合(関学生協)が企画した。

 21日はキッチンカー2台が出店。昼休みには学生が続々と訪れた。人気は野村猛さん(67)、清美さん(55)夫婦が営むクレープ店「グロアール」(伊丹市)のキッチンカー。キャンパスには、購入したクレープを持って歩く学生の姿も見られた。

 野村猛さんは「普段はイベントに出店しているが、コロナでイベントが中止になり、機会が奪われた。若い学生に人気のクレープを販売できるのはありがたい」と話した。

 キッチンカーは12日から出店していて、多い日では1日に200人以上の学生が利用しているという。

 キッチンカーは大学の授業実施日に出店。クレープ店のほかに、ケバブや焼肉、カレーライスのキッチンカーが不定期で営業している。 (壷山千種)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-15

    関学、2年連続甲子園ボウルを制す

     アメリカンフットボールの大学日本一を決める第74回甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)は15日、…
  2. 2020-4-21

    (障害者と防災)内閣府 青柳一郎政策統括官 「防災と福祉の連携を模索」

     内閣府で防災行政の実務を担う青柳一郎政策統括官(57)が2月3日、関西学院大学新聞のインタビュー…
  3. 2020-10-21

    【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 船越大夢 関学のイニエスタへ、視界良好

    「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る