無失点で京産大下し4戦全勝 関学サッカー部 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグ1部リーグは18日、後期第6節が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、関西学院大が2—0で京都産業大を下した。関学大は開幕からの連勝を4に伸ばした。

 前半から、ピッチを幅広く使い、サイドから攻撃を組み立ていく関学大。試合が動いたのは前半29分。ピッチ中央でDF本山遥がボールを奪い、FW山田剛綺に繋ぐ。前を向いた山田のパスに、抜け出したFW山見大登が冷静にゴールへ流し込み、先制に成功した。「特徴を生かして背後を取り、あとは簡単に決めるだけだった」と山見。前半はこのまま1—0で終了した。

 後半も拮抗した戦いが続く中、後半39分にスコアが動く。左サイドでボールを受けた山見が中央へボールを送ると、途中出場のMF渡邉裕斗がヘディングで合わせ、追加点となった。渡邉は、「苦しい時間帯に出場して、ゴールを決められて良かった」と振り返った。

 試合はこのまま終了。関学大は不戦勝を含めて4戦全勝とした。

 1ゴール1アシストの山見は「残りの試合を全て勝利して、リーグ優勝、日本一を目指して頑張っていきたい」と決意した。 (林 昂汰)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-8

    鳥内監督引退会見 学生の主体性を強調「お前ら勝手にやってくれ作戦や」

     今季限りで退任する体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(61)が8日、本学西宮上ケ原キャ…
  2. 2019-7-19

    視覚障害者へのサポートを学ぶ 東京丸の内キャンパス

     来年にパラリンピック東京大会を控えるなか、本学東京丸の内キャンパスで「パラスポーツボランティア養…
  3. 2018-7-20

    (ポプラ)女性の活躍する世の中へ

     ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が先月出産し、6週間の産後休暇を取得した。一時的に国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る