【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 安羅修雅 勝利へ、ひたむきに戦う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「とにかく全力を出す。頑張るキャラなんで」。迷いなく答え、まっすぐにこちらを見る目は、トップチームでプレーしてきた自信に満ちていた。

 卒業生で京都サンガの中野克哉と、ガンバ大阪の山本悠樹に憧れを抱く安羅。「どんなに厳しい試合でも、状況を変えてくれた。俺についてこいとチームを引っ張っていく姿勢を尊敬していた」と語った。

 今シーズンの目標は、リーグ戦の優勝と、その先のインカレ優勝。昨年のインカレ準優勝では、当時三冠を達成した強豪の明治大と対戦し敗れるも、安羅は貴重な先制点を奪った。攻撃面では果敢に仕掛け、味方からボールを引き出す動き出しを見せた。守備面ではとにかく粘り強く相手に対応した。

 自粛期間は、筋力とトレーニングに励み、さらなる向上を目指した。リベンジに燃える安羅はサイドを駆け回り、関学に勝利をもたらす。  (林 昂汰)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-16

    (タイムスリップ)お笑い芸人・佐野寛さん 内定を断り、厳しい世界に挑戦

    「売れるのはたった一握り」。連日テレビ番組や舞台で活躍できる芸人はほんのわずかである。それでも厳しい…
  2. 2020-11-5

    【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 林部晃己 チームのために、前線からの守備とゴール

     「チームのために」その言葉を何度も繰り返した林部。フォワードとして得点することはもちろん、ボールを…
  3. 2020-9-8

    「大学施設が使えないのに通常の学費を納めるのはおかしい」 有志学生が学長に嘆願書を提出

     関西学院大学教育学部4年の江頭翔太朗さんは8日午後、学費の一部返金と減額を求める署名438人分を同…

アーカイブ

ページ上部へ戻る