【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 安羅修雅 勝利へ、ひたむきに戦う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「とにかく全力を出す。頑張るキャラなんで」。迷いなく答え、まっすぐにこちらを見る目は、トップチームでプレーしてきた自信に満ちていた。

 卒業生で京都サンガの中野克哉と、ガンバ大阪の山本悠樹に憧れを抱く安羅。「どんなに厳しい試合でも、状況を変えてくれた。俺についてこいとチームを引っ張っていく姿勢を尊敬していた」と語った。

 今シーズンの目標は、リーグ戦の優勝と、その先のインカレ優勝。昨年のインカレ準優勝では、当時三冠を達成した強豪の明治大と対戦し敗れるも、安羅は貴重な先制点を奪った。攻撃面では果敢に仕掛け、味方からボールを引き出す動き出しを見せた。守備面ではとにかく粘り強く相手に対応した。

 自粛期間は、筋力とトレーニングに励み、さらなる向上を目指した。リベンジに燃える安羅はサイドを駆け回り、関学に勝利をもたらす。  (林 昂汰)

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-8-28

    関学大も100分授業に 来年度から

     関西学院大学教務機構はこのほど、来年度から授業時間を変更すると発表した。90分だった授業時間は1…
  2. 2019-12-17

    速記を楽しみつかんだ優勝 全日本大学速記競技大会-速記研究部

     速記技能日本一の大学を決める全日本大学速記競技大会で本学文化総部速記研究部が1年ぶりに総合優勝し…
  3. 2019-2-15

    (日進月歩)震災を受けて

    ボランティアは、災害時に救援の第一線に立っている。ボランティアの発端は阪神淡路大震災であった。災害時…

アーカイブ

ページ上部へ戻る