ライスボウルの実力差に疑問 アメフト部が要望書を提出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関学大体育会アメリカンフットボール部は、社会人と学生の実力差が顕著になっている日本選手権(ライスボウル)について、大会のあり方の見直しを求める要望書を関西学生連盟に提出する準備をしていることがわかった。8日、同部の小野宏ディレクターが明らかにした。

 ライスボウルでは、学生側が11連敗しており、大会の開催意義を疑問視する声もある。3日に開催した今年の大会でも、同部は24点差で社会人代表の富士通に大敗。体格差のある外国人選手らとの接触で、同部の選手らは負傷退場しており、安全性に懸念の声もある。

 昨年からライスボウルの開催に疑問を呈している同部の鳥内監督も8日の会見で「そろそろ違う方法で良いのかなと思う」と発言。社会人代表と学生代表が対戦する形式の変更を求めた。

 昨年も小野ディレクターは大会形式の見直しを公式に提言していたが、主催の日本アメリカンフットボール連盟などに有効な動きが見られなかったため、要望書で提言することにした。

 要望書は今月下旬をめどに提出をする予定だが、具体的な内容は決まっていないという。

要望書の提出を明らかにした、体育会アメリカンフットボール部の小野宏ディレクター(右)=8日、西宮上ケ原キャンパス
日本選手権(ライスボウル)の第2Q、64ヤード独走してタッチダウンを決め、雄叫びを上げるRB三宅昴輝。この試合で関学大のTDは2回だった=3日、東京ドーム
T.M

T.M渉外部長

投稿者プロフィール

 千葉県千葉市出身、法学部法律学科2年生。新聞総部では積極的に営業活動を行い、広告収入を増やすなど大きく貢献している。取材活動にも熱心で、小池都知事への取材も行った。また、学生連盟本部でも中心的に活動しており、多忙な日々を送っている。好きなYouTuberは「ヴァンゆん」だが、恥ずかしさから周りに隠しているため、チャンネル登録はまだしていない。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-17

    速記を楽しみつかんだ優勝 全日本大学速記競技大会-速記研究部

     速記技能日本一の大学を決める全日本大学速記競技大会で本学文化総部速記研究部が1年ぶりに総合優勝し…
  2. 2020-1-3

    社会人王者に歯が立たず アメフト部ライスボウル

     アメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」は3日、東京ドームであり、学生代表の関学大は14…
  3. 2019-2-15

    それぞれの思いを込めて 〜退職を控えた教授 最終講義〜

     1月の初旬から、3月にかけて、2018年度をもって本学を退職する教授らの最終講義が行われている。…

アーカイブ

活動ブログ

登録されているお知らせはございません。

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る