鳥内監督引退会見 学生の主体性を強調「お前ら勝手にやってくれ作戦や」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 今季限りで退任する体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(61)が8日、本学西宮上ケ原キャンパスで記者会見を開いた。「正直ほっとしている」と今の心境を語り、28年間の監督人生を振り返った。

 監督生活で辛かったことを問われると、03年の夏合宿中に部員の1人が急死したことを挙げた。この事故を受け「指導ががらっと変わった。安全第一、人の命第一」。

 監督としての公式戦での通算成績は197勝38敗3分け。常勝集団の関学を背負った28年間だった。「負けた年は悔いが残る。ライスボウルを含めて、勝つチャンスがあるのに、勝たせてあげられなかったことは悔いが残る」。

 学生主体を貫いた監督は「学生自身の意見を取り入れることが大切。納得させるためには、失敗も必要。お前ら勝手にやってくれ作戦や」と笑顔で話した。後任の指導陣にも学生の主体性を大切にし、人間的な成長を促すよう期待を寄せた。

 今後は「とりあえずは休憩。時間が必要。まだ何も考えていない」と話した。今後も要請などがあれば、アメフトの魅力などを発信していきたいという。

 後任の監督は今月下旬に発表予定。

笑顔で28年間の監督生活を振り返る体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督=8日午後、西宮上ケ原キャンパス

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    カレーの市民アルバ

     1996年から阪急甲東園駅前に店を構えている「カレーの市民アルバ」。…
  2. 2020-10-5

    関学サッカー部 第3戦は不戦勝 近畿大が部員大麻使用で辞退 

     関西学生サッカーリーグ1部リーグは3日、近畿大が後期第4節の出場を辞退し、関西学院大が不戦勝した。…
  3. 2019-7-10

    学びの場にテントが出現 神戸三田キャンパス

     神戸三田キャンパスアカデミックコモンズに学生らが5月下旬、テントを設置した。多くの学生が学習や休…

アーカイブ

ページ上部へ戻る