関学グリークラブ マスクを装着してのリサイタル 「新たな試みを見てほしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院グリークラブは13日、西宮市の兵庫県立芸術文化センターで第89回関西学院グリークラブリサイタルを開催する。来場者は、部員の家族や一部の関係者に限定する。今年度、最初で最後となるリサイタルは、新型コロナウイルス感染症対策として部員全員がマスクを着けて歌う。同クラブの部長である徳島良亮さん(経済学部4年)は「コロナ禍であっても、音楽界を先導して自分たちのできることを証明したい」と語った。

 マスクを着けての合唱について、徳島さんは「歌いにくく、酸欠になりやすい。しかし、練習の時からマスクの装着は徹底しているため問題はない」と自信をのぞかせた。

 今年度はコロナの影響で対面での練習はできず、11月までオンラインで練習したが、音質や部員のネット環境などの影響で本番に向けた練習が思うようにできなかった。また、昨年予定していたイベントはすべて中止になった。モチベーションが下がり「諦め」に近い感情があったという。

 部内に険悪な空気が漂う中、今回のリサイタルだけでも開催したいという徳島さんの思いに、4年生を中心とした部員が賛同した。4年生たちの思いが届き、練習に参加していなかった部員が復帰し、熱のこもった練習になったという。徳島さんは「リハビリから本番に向けての練習に変わった時だった」と明かす。

 観客や新入生に一歩踏み出す勇気を与えたいと語る。「今回、新たなグリークラブに生まれ変わった。過去にはなかった『新たな試み』を見てほしい」

 リサイタルの様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信される。詳細は、関西学院グリークラブ公式ウェブサイトで見られる。(柴崎辰徳)

マスクを装着して練習する部員=1月11日、西宮市のプレラホール、関西学院グリークラブ提供
柴崎辰徳

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-11-20

    兵庫県漁連、大学生協に魚介類を無償提供 関学生協は格安で丼提供

    食生活から学生を支援しようと、兵庫県漁業協同組合連合会(県漁連)が県内の大学生協に県産のしらすや黒鯛…
  2. 2021-6-9

    関学大 新型コロナワクチン接種 7月初旬開始に向け検討

    関西学院大学が学生や教職員らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を、7月初旬の開始をめどに検…
  3. 2020-9-7

    学生のキャンパス立ち入り制限解除 23日から

     関西学院大学は7日、学生のキャンパス立ち入り制限を解除すると発表した。学生に対しての立ち入り制限…

アーカイブ

ページ上部へ戻る